静穏の日々

好きな音楽、テレビなどの趣味を気ままに。

#ベストソング2017上半期編 〜僕が感動した今年の邦楽20曲

 

Twitterで年末恒例の「今年の音楽シーン総括」タグ・「#ベストソング20xx」ですが、昨年から上半期末のまとめタグ「〜上半期編」も登場した為 その波に乗っかるといいますか、今回は、毎年年末の「じゃあまとめますよー!!」って勢いと同等に記事をまとめていきたいと思います。というのも、今年2017年の邦楽は色々と素晴らしい楽曲が多いんですよね。自分が好んで聴く音楽の幅が最近になってグッと広がったっていうのも勿論あるんだけど、それにしたって今年の邦楽は本当に凄い。この今の「胸熱」な想いを伝えつつ紹介したい…‼ ということで、書いていきます。良かったらご覧下さい。


f:id:fuurintakino:20170611132437j:image

 

①竹原ピストル「例えばヒロ、お前がそうだったように」 
f:id:fuurintakino:20170604140519j:image

今年に入って最も心を奪われた音楽、それは竹原ピストル。この人、本当に凄い”歌うたい”だ。よくテレビでも紹介されている通り、言霊と熱さを以て発信する歌のパワーとギター 一本弾き語りのスタイルという魅力は勿論のこと、アルバム(現時点で聴いたのは「PEACE OUT」と「youth」)を聴いてみると ストリングスやエレキギター等の演奏や曲のテーマによって全く異なるカラーを打ち出した楽曲がズラリと並んでいるのが分かり、聴くたびに違う魅力を発見してしまう凄さがある。歌詞の世界観は、何かを訴えるようなリスナーの心を思いきり鷲掴みにしてしまう力強さもあれば、自然とか日常の風景が輝いてみえるような聴いててホロリと泣けてくる美しき独自の視点もあったり、思わずキュンとして忘れられなくなってしまうような爽やかで愛しすぎるラブソングもあったりと、「もうノーベル文学賞 受賞してくださいよ!!」なんて言いたくなってしまうくらい心を掴まれた。

そんな素晴らしさがたくさん詰まった最新アルバム「PEACE OUT」から今回、収録曲「例えばヒロ、お前がそうだったように」が今年の個人的ベストソング第1位にランクイン。この曲、竹原さんが 亡くなった”ヒロ”という一人の人間に向かって、そしてリスナーと、今の世の中全体に向かって 様々な溢れ出す想いを”語り”と共に吐き出していくという曲なんですけど、これが本っ当に凄かった。アルバムの中で核ともいえる部分になってる重要な楽曲だし、正直この曲を聴いてなかったら ここまで竹原さんのこと好きになってなかった気がする。途中で、「哀しいかな、消えてなくなって欲しいやつっているな。俺も誰かにそう思われてるだろ。」って切り出して、”ヒロ”のことを自分はどう思ってたか言う場面で、「あくまでほんとにギリッギリ、消えてなくなって欲しくない人間」って誤魔化そうとしてから、その後に、ちょっと照れたように、「まあ、そーだな。。友達だったぜ?」って言うところがあるんですけど、そこでもう聴いてて(ウワアー!!!!!(´;ω;`)ブワッ)ってなる。ほんと涙腺をやられてしまうんですよね〜。。その部分は勿論 曲全体のメッセージが本当に色々詰まってて、震えるくらいに「名曲だ〜!」って言いたくなる。この曲に心を掴まれ揺さぶられ、竹原ピストルという歌うたいとして、そして人間性にまで深く深く惚れて、この人のファンです!!って言えるくらいに急上昇。アルバム聴いてから約1ヶ月、非っ常に濃ゆーい音楽体験が出来ました。もうこれだけで今年ほんと良い年ですわ。

 

で、初聴き時に書いた感想については↑こちらのアルバムレビューがあるので見て頂けると誠に嬉しいのですが、このレビューでも触れられなかったので補足したいのは、結局 亡くなった”ヒロ”という人は一体誰なのか?ってことなのですが。で、調べてみて分かったのは この”ヒロ”という方は 竹原さんだけでなく色々な歌手のライブハウスを出入りしていた方らしく、なんと、クリープハイプ尾崎世界観さんも「リグレット」という曲で、そしてandymoriさんも「クレイジークレーマー」という曲で、同じ”ヒロ”という人物と面識があり、”ヒロ”について想いを語った曲を制作していたらしいんです!!

 

というのは↑こちらの方の記事に書いてあったのですが、いやービックリ。自分全然クリープハイプにもandymoriにも詳しくないのでその2曲は聴いてみようと思うんですが。

ということで、書きながら新事実が発覚して驚いてるところなのですが、とにかくこちらの楽曲「例えばヒロ、お前がそうだったように」は名曲ですので、まだ知らない方にはこの一曲を聴くためだけに、というかこの曲だけでもいいので、是非 アルバムを借りて聴いてみてほしいな〜と思います。

 

f:id:fuurintakino:20170604153827j:image

これは日々なんかじゃない。
ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ。
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ。

 

②女王蜂「失楽園

昨年YouTubeで偶然聴いた楽曲「金星」にどハマりし即配信シングルを購入し、年末のベストソングまとめにランクインするに至ったものの、昨年分の記事中では紹介は割愛していたので、ようやく語るタイミングが来たって感じ。
女王蜂、それは、国籍も性別も明かされていない謎だらけの美女(または美男子)・アヴちゃんが率いる奇抜で可憐な最強のロックバンドである。そんな女王蜂が今年 満を持してリリースした、自身”最高傑作”を謳っているニューアルバム・「Q」では 先ほど挙げた「金星」に新進気鋭の女性歌手・DAOKOのラップをミックスした、シングル時よりも8割増しのカッコよさを放った最強のコラボレーション楽曲が収録されたほか、今年YouTubeで公開された4作のPVのうち、児童虐待や崩壊する家庭を描ききった表題曲「Q」で映し出された 入水自殺をするアヴちゃんのワンシーンが「アウトロダクション」のPVの方でフラッシュバックしたり、既に死んでいて三途の川のようなところをさ迷っているような状態の霊たちが教会で楽しげに踊り狂う様を描いた「DANCE DANCE DANCE」のPVが、「失楽園」の方ではその霊たちの最期の姿が描かれそしてラストでアヴちゃんが天使の輪を取る=昇天、というストーリーに変化するという、アルバムの収録曲のPVたちがそれぞれ”繋がっている”という異例のプロモーションを行っており、それらも全て同じアルバム「Q」に収録。で、その一連の流れに気づいてから「これスッゴいな…全部ちゃんと聴くしかないわ…」となったのをきっかけにアルバムを借りて聴いて、見事にハマった、という訳で。これが本当に良いアルバムだったんですね。「のぞむ景色がたとえどんなに違っても生きてかないと求めないと 涙溢れそうだけど」と歌う「アウトロダクション」、「強く強く生きてゆかなきゃ 世の中のせいにしてちゃ はじまらないから」と歌う「雛市」など 聴く人の心を包み込み奮い立たせるような、生命の鼓動を感じさせる音楽というサブテーマがこのアルバムにはある気がして、「この曲好きだな〜」とかよりももっとそれ以上の強い愛が芽生えたというか。

で、そういう所以があって、中でも最もグッときた楽曲「失楽園」が今年の個人的ベストソング第2位にランクインしたのです。先ほど紹介した通りPVのストーリー性と迫力が良いっていうのは勿論、「天国なんて行きたくない  好きな気持ちはどうしようもない  約束が守りたい」という胸に迫るような切実な歌詞、心の叫びが伝わってくる、どんな曲にも劣らぬ圧倒的なオーラを感じさせる突き抜けたラブソング。素晴らしい。演奏、メロディの切なさも圧倒的。あーもう、これ以上表現するにはもう語彙が尽きる……それくらい素晴らしい一曲です。


f:id:fuurintakino:20170605201130j:image

Where is paradise?

探さない? あるかもしれない

禁断の恋は報われない?

やってみないと判らない

 

椎名林檎トータス松本「目抜き通り」

昨年 リオ五輪 閉会式の音楽も、紅白歌合戦での東京事変の復活も、今年 アニメ「昭和元禄落語心中」の主題歌として林原めぐみに楽曲提供したり、大きな話題を呼んだドラマ「カルテット」に楽曲提供したりと 各方面で大忙しの林檎さんが満を持してリリースした新曲はなんと、トータス松本とのコラボ曲で、GINZA SIXのオープンを記念したテーマソング。あまりの上質さ、ゴージャスさにやられましたね。↑この動画、公開されたのがある夜の12時だったんですけど、あまりの興奮にその夜は全然 眠れませんでした(笑)。その数日後には各配信サイトでの配信がスタートしたので即購入。その一週間後にはお二方のMステ出演と、大変盛り上がりましたね。

今回これを聴いて意外だったのは、トータス松本が想像以上に”林檎ワールド”に溶け込んでいたということ。もうずっと前からその世界の住人だったように。紳士な感じが伝わってきてとてもカッコいいし、キュンとさせられますね。素晴らしい。あと、昨年の楽曲「ジユーダム」を聴いた時も思ったけど、近年の林檎さんは結構ストレートにリスナーを元気づけるような歌が増えてきた気がするんですよね。林檎さん自身はインタビューで、「聴いてる人を意識して曲を制作するなんてことは絶対にない!注文された通りのモノを制作してるだけですから!」なんてよく仰ってるけど、全くリスナーを意識してないってことはないんじゃないかな、ってつい思ってしまう。伝わってくるのは、”母性”、というか。てかホントなんなんだろう。やっぱりツンデレなのか?❤(失礼)

そして最近、インタビューで「アルバムもそろそろ出さないと」というようなことも発言されてたので、非常に楽しみですね。今後の活動にも圧倒的期待。

 
f:id:fuurintakino:20170605210558j:image

あの世でもらう批評が本当なのさ

デートの夢は永い眠りで観ようか

最期の日から数えてみてほらご覧

飛び出しておいで目抜き通りへ!

 

tofubeats「WHAT YOU GOT」

今年自分がハマりまくっているアーティストの1人、それはtofubeats(トーフビーツ)!! 1年半前に星野源のラジオのジングルを作ってたので知ったっていうのと TwitterのTLである方がオススメしてた楽曲「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」を聴いたのをきっかけに好きになったもののCDを借りることとかはなかったんだけど、今年久しぶりにアルバム出るって聴いてYouTubeで色々聴いてたら「ディスコの神様 feat.藤井隆」とか「おしえて検索 feat.の子(神聖かまってちゃん)」とかワクワクが止まらなくなる音楽の宝庫で「これはちゃんと聴かなきゃ…!!」ってなり、すぐに「First Album」「POSITIVE」の2枚を借りてきてどハマりし、結果今年は自分の中で”tofubeats 旋風”吹きまくりの年となった訳です。

で ニューアルバム「FANTASY CLUB」のリードトラックになっている楽曲「WHAT YOU GOT」を聴いてみて思ったんだけど、トーフさんは本当に、ほとんど同じフレーズしか繰り返さないのに少しずつ何かを変えて盛り上げてって、ラストで絶頂のテンションに持っていくっていうのが上手すぎるんですよね。先程挙げた「First Album」収録の「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」とか「POSITIVE」収録の「STAKEHOLDER」にも同様のことが言えるんだけど、今回の「WHAT YOU GOT」は フューチャリングありなしとか関係なくtofubeats史上最高傑作曲なんじゃないかと思う。過去「Don't Stop The Music feat.森高千里」などの曲から分かるように元々トーフさんが作る楽曲たちの根底には「音楽の力で元気を出していこう」っていうテーマがあるから より一層 音から魔法のようなパワーが伝わってきてワクワクして、ってそこが僕が惚れてしまうトーフさんの魅力だったりするんだけど、そういう意味でも今回の「WHAT YOU GOT」はなかなかに素晴らしい。8000円の動画素材を3本買ってトーフさん自身が制作したという(!)PV映像の、シンプルなようでいてジワジワと引き込まれる圧倒的中毒性もさながら、動画のコメント欄には常にその音楽に酔いしれる人々のコメントに溢れてて、なんかそれ見ながら「嗚呼、良いなぁ。」と思う。中には茶化すようなネタ的コメントもあるんだけど、それにも全部愛があるっていうか、「”tofubeats好き”に悪いヤツはいない!」とさえ思えてしまう。

現代音楽ってやっぱり最高だ!!と改めて強く感じさせられますね。

 
f:id:fuurintakino:20170611123935j:image

些細な愛で 感じたいの
感情はちょっと不安定
振りまいてよ your love
もっとDJ 踊れるやつちょうだい all night
フロア最前でもっとshow me what you got 

 

平原綾香「三日月〇〇」
f:id:fuurintakino:20170606171521j:image

(個人的な事情を言うと)今年の春、大学受験とか色々ゴタゴタがあって疲れた影響からか「何か、思いっきりスッキリするような (または、高校生活が終了したばかりの今のモヤッとした自分の心に区切りを付けてくれるような)学園ドラマが見たい」と思い、当時はちゃんと見れなかった、2012年に放映された大型スペシャルドラマ「ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜」を見返していて それはそれは大いに感動し、ドラマと、主題歌に起用されていた平原さんの「BLESSING 祝福」 共にどハマりし それが収録されている2004年のアルバム「The Voice」を借りて聴いた影響で じわりじわりと平原綾香にハマっていき……と、振り返れば「2017年春=平原綾香を聴いていた季節」というイメージになった。そんな中、僕が大大大好きな 原由子さんが、今年 平原さんがリリースしたニューアルバム「LOVE 2」の企画として「約束のこの瞬間に」を楽曲提供することが決定し 「凄い!絶対聴かねば!!」とワクワクしてスタンバってたものの、実際アルバムを借りて聴いてハマったのは レミオロメン藤巻亮太さんが楽曲提供した「三日月〇〇」(みかづき まるまる)であった…という経緯。

そういう訳で今回 藤巻さんの作った曲を初めて聴いたんですけど、いやはやこれは素晴らしい。時期的に少しズレてしまったけど、この「三日月〇〇」という曲はなんと、眩しいくらいにキラッキラしてる最高の春うただったのです。自分 藤巻亮太どころかレミオロメンにも全然詳しくないから知らなかったけど、藤巻さんって方は春の名曲を多数 制作してらっしゃるんですね。もう歌詞からもメロディからもベテラン感がハンパなくて、初聴き数秒でズキューン💕ときたわ。こんな良い春うた聴いたの何年ぶりだろう。勿論 平原さんの温かみのある歌声も、ラスサビで子供たちがコーラスする盛り上がりも、一音一音の現代音楽チックなアレンジも最高なんだけど、やっぱりなんといっても歌詞が素晴らしい。来年の春は絶対、桜並木を見ながらこの曲を聴こうと思います。

(※ちなみにタイトルについて藤巻さんは、「へんてこなタイトルですが、その◯◯に、自由なイメージを投影して聴いて頂けたらと思います。」とコメントしている。)

三日月○○

三日月○○

 
f:id:fuurintakino:20170611204427j:image
f:id:fuurintakino:20170611204437j:image

君の好きな花の名を 僕は今も覚えてる

甘い匂いがしていてさ 春風に溶けてしまいそう

雨上がりの空にそよぐ君の髪が

綺麗だね 沈丁花

三日月さらさらと揺れて 眩い恋をした

温もり確かめ合うよに 君の手を握った

 

Base Ball Bear「すべては君のせいで」

ベボベ、新体制として初のニューアルバム「光源」。新作の発表は色々あって久しぶりだったんですよね。このアルバム「光源」がベボベの完全復活作となった訳ですが、正直ホッとしましたね。

ずっと4人でやってきたのに、突然の3人体制ですよ。あの発表があってから約1年、ずっと心配でした。どうなるんだろうベボベ、次作品出すんなら、どんな感じに??とかモヤモヤしたものがずっとあって。で、「光源」が出るって決まった時はとにかく「ヤッター!復活だ!」って嬉しかったですね。収録曲が8曲っていうのもワクワクした。8曲って、一曲入魂って感じが伝わってくる、絶妙な曲数だ、本気だ、って聴く前から思ったりして。

そして「すべては君のせいで」を初聴きして、その王道な、今まで作ってきたテーマを貫いてる感じに本当にホッとした。これぞベボベだ!と。でもそれでいて、演奏の端々から確かな進化が伝わってきて、グッときた。

「すべては君のせいで 毎日が眩しくて困ります」…この、サビの歌詞、もう大変。ベボベの世界観の集大成すぎるし、切実で真っ直ぐすぎる、甘酸っぱすぎる。暗い教室の中で毎日、優しい1人の女性の笑顔に救われて、惹かれていく感じ。今までどの曲にも同様のテーマは描かれてたと思うけど、ここまでキュンとくるのはなかなかに集大成ですね。(歌詞が正直 共感できちゃうんですよ、自分も高校時代に同じ感情を抱いたことがあったので…(ボソッ )。てか「心が#(シャープ)していきます」って表現が絶妙すぎる。ありそうでなかった絶妙な表現。これからラブソングのフレーズとして定番化していきそうではないか、と思うが、と同時にこれがベボベにしか出来ない芸当なんだなぁと実感する。

「すべては君のせいで なぜか頑張ろうとか思ってます」、「すべては君のせいで 毎日が愛しくて困ります」……最高のラブソングだ。キュンとくる。。この歌のせいで毎日が愛しくて困るわ。。

アルバム「光源」、この曲以外にも「SHINE」、「Darling」、「逆バタフライ・エフェクト」とか気持ちが高ぶる名曲が多くてベストソング選びにはなんとも困りました。良いアルバムでしたね〜。これからもBase Ball Bear、応援していきたいです。


f:id:fuurintakino:20170609003749j:image

すべては君のせいで 毎日が愛しくて困ります

すべては君のせいで 季節に意味を感じます

すべては君のせいで 明日何か変わると思ってます

すべては君のせいで Baby 胸が高鳴るばかり

 

ケツメイシ「人生劇場」
f:id:fuurintakino:20170606172144j:image

僕が大好きなケツメイシさんの今年の第1弾シングルはなんとツアー会場限定&配信シングルということで、2015年の「アドベンチアーズ」以来となるツアーテーマソング「人生劇場」、東京新聞のCMソングとして放映中の 爽やかだけどちょっぴり風刺色 強めな春うた「僕らの暮らしっく」、そして「KITTE名古屋」のオープン記念ソング「つながって」の超豪華3曲入りシングルなんですけど、いやーどれも良かったな〜。ちゃんと購入したファンしか聴けないってシステムな訳で(自分は配信で買ったんだけど)、これ普通にCDシングルとして発売するべきだったでしょう!!勿体ない!!…ってくらいの良曲揃いだった。本当にケツメイシさんは、一体どこまで広いジャンルの曲を作るんだ!!ってくらい多彩なんですよね。今回の「人生劇場」は 管楽器のサウンドに魅せられるジャズ調の煌びやかなナンバーで、またまた新境地を切り拓いてしまってるのであります。歌詞から伝わるワクワク感も素晴らしいけど、「こんな曲も作っちゃうんだ!!歌っちゃうんだ!!」って感動は毎度凄いんですよね〜。それにしても今年のケツメイシ、アルバムをリリースしたばかりでツアー中とは思えないくらいの勢いで最新曲を更新している。来月には”待たせたな!!”と言わんばかりに34枚目シングル「はじまりの予感」をリリースするし。(←夏うたで、昨年の「さらば涙」同様 鈴木ちなみさんの出演するDHCのCMソングに決定してるんだけど、本当にワクワクが止まらない!!) この人たちにはずっといつまでも、色んな歌に魅せられて音にドキドキワクワクさせられ続けることでしょう。なんという音楽天国。ありがたやありがたや。

人生劇場

人生劇場


f:id:fuurintakino:20170611213844j:image

幕が上がれば 輝くステージ
台本無し タイトルも無し
センターピンスポ 待った無し
回りだしたら終わらないストーリー
主役は君 脚本も君
喜怒哀楽 演じていく日々

 

ウルフルズ「バカヤロー」

今年ウルフルズはデビュー25周年、ということで記念アルバム「人生」をリリースし、そのリードトラックとしてこちらの楽曲「バカヤロー」が収録されています。

正直ウルフルズの曲ちゃんと聴くの今回初めてだったんですけど、ビックリしたなぁ。歌詞の重みが凄い。なんて言ったらいいんだろう、もう1フレーズ1フレーズが聴いてて涙出てきちゃう。デビュー25周年を記念する楽曲のはずなのに、終始 重くて暗い。でもそれでいて、”俺らはこういう曲を作るバンドなんだ、聴いてくれ”って静かに語りかけてくるような、正に狼=ウルフのような野生を感じるというか。 「夢なんかクソくらえ」。「胸が張り裂けそうで」。「なのにワクワクさせられ」。「時に地団駄を踏み」。「明日とかふざけんな」。「いつも自分を疑い」。「涙ポロポロ泣いて」。「いつか誰よりも笑う」。…出だしがこれですよ。もう全てにガーン!とした衝撃を加えられるような、なんて言ったらいいんだろう、力強さというか、もっともっとそれ以上のものを感じる…。ていうか、自分 スッゴくマイナス思考になることとか多いし、くだらないこと気にして悩みまくったりする性格なので、正直 歌詞にめちゃくちゃ共感できてしまうんですよね。明日が本当に不安で仕方なくて泣きそうな(ほぼ泣いてる)夜に「明日とかふざけんな」って切実に思いますもん。最初この曲聴いた時は 「トータス松本さんはどんな人生を送ってきて、どういう気持ちでこの歌詞を書いたのだろう?」ってしばらく思ったりもしたけど、 よく考えたら特別なことなんて一切なくて、人間の誰もが抱く悲愴やネガティヴな感情に寄り添ってくれる歌なんじゃないか?って思った。そしてそれはトータス松本さんが抱く、または過去に抱いていた感情でもあって、特にまだ小さなことでウジウジと悩みやすいティーンエイジャーである僕みたいな人にメッセージとして向けてるんじゃないか?って。

”いつも不安を味方に 誰よりも自分のファンでいる”………このフレーズが特に聴いててグッ……とくる。なんだか、とんでもなく凄い名曲に出会ったわ。なんか折角 感想書いてるのに、まだ色々と想いが消化できてないわ。25周年というタイミングでこういう曲を放ったウルフルズの想いとは。意味とは。なんなの。泣きそうですよ。とにかく、こういう曲に出会えた今年は本当に幸福だ、としか言えない。

 
f:id:fuurintakino:20170611225108j:image

人生のバカヤロー    夢なんかじゃない

笑いながら 泣きながら 道なき道をゆく

情熱のバカヤロー     怖いものなどない

寝転がって目を閉じた    道はここから

 

クリープハイプ「イト」

今年はクリープハイプをちゃんと聴くのも初めてでした。正直今まで歌声がちょっと馴染めなかったというかそういう感じで聴いてなかったんだけど、今回の「イト」はもうこれまで思ってたこととか何もかも吹っ飛ぶくらいにポップで突き抜けたロックソングで非常にグッと心を掴まれましたし、歌声も好きになりましたね。大々的に宣伝された映画「帝一の國」の主題歌ということで、(音楽評論家的に言うと)売れ線全開なナンバーで、これは聴き逃せない!ってモノがありまして。てな訳で 配信で曲を衝動買いしてしまうのなんてしばらくぶりだったんですよ。ていうかPVが面白すぎ。ほいけんたとか清水ミチコが出てくるあたりが特にツボ。曲がポップでカッコイイ上に映像がシュール可愛いってイイトコ取りすぎる。あと、演奏に注目するのも初めてだったんだけど、ギターの音とかイヤホンで聴いてると「うおおおかっけえええ!!」ってなって惚れました。歌詞も深くて良いですよねぇ。尾崎世界観さんの作り出す世界観は素晴らしい!!(←これが言いたかっただけ)

クリープハイプ、今後も色々と聴いていきたいと思います。


f:id:fuurintakino:20170611233058j:image

いつかこの糸が千切れるまで

今は踊れ手のひらで

どうか重ねた手の温もりで

何度でも探せ

 

Sing Like Talking「6月の青い空」

Twitterでオススメしてらっしゃる方がいて知った、80年代から活躍するバンド・Sing Like Talking(シング ライク トーキング)。大人の方の世代には有名らしいですが、自分みたいな若造には全然知らない領域でしたね。こんな素敵なバンドがいたんだ!!と感動。いやー、勉強になります。

聴いたきっかけはYouTubeであり近年に公開されたPVを再生してたんですけど、なんともフレッシュな感じが凄いんですよね。30年来活動してきたバンドとは思えないくらい、新しさと爽やかさでいっぱいなんです。一見 ポップで現代音楽現代音楽してるようでいて、実はその波に染まらぬアイデンティティーというか、そういう確固たるモノ、貫禄が滲み出てる。正直、30年も前から活動してるバンドが 現代でもこんなに洗練された、新しい音楽を作ってる例って、なかなか珍しいと思うんですよ。歌謡曲を主に歌ってきた歌手が現代になって突然オートチューンを取り入れた楽曲を歌おうとしても、確実に周囲からの意見が賛否両論になるかもしれないじゃないですか。でもSing Like Talkingは、そういう”時代の壁”みたいなものを全部とっぱらって、振り切って輝いてる気がする。(上手く言えないけど)

今月リリースされたばかりのニューシングル「6月の青い空」は今秋公開予定の映画「Music Of My Life」の主題歌、そして現在 「情報ライブ ミヤネ屋」のエンディングテーマとなっており、梅雨の間の僅かな青空に喜びを感じさせる、超タイムリーで爽快で、ちょっぴり切なくなる素晴らしい一曲。梅雨とはいえ なんだかんだで最近は空が晴れてる時間も多いので、もう毎日 屋外で絶賛ヘビロテ中でございます。ずっと忘れられない”6月の名曲”の誕生の瞬間にSLTに出会うことが出来て、感激。


f:id:fuurintakino:20170612142049j:image

6月の一瞬の 青い空の下

弾けそうな笑顔のキミを抱き上げる

たぶん明日も分厚い雲

かまわないさ それさえも

キミと形にしていく日々さ

 

平井堅「ノンフィクション」

去年の平井堅がシングル2枚と5年ぶりのアルバムのリリースで魅せた”楽曲の多彩性”というものはやっぱり素晴らしくて 年末時点では「よーし!来年も全力応援!!」って感じだったんだけど、いざ今年入ってシングル「僕の心をつくってよ」とか出たら「あー、アルバム収録されるまで待ちたいから今はちゃんと聴かないでおこう」って思って、で、4月期”山下達郎と並ぶ『日曜劇場』最多タイ主題歌起用”ってニュースが出て「うおお!!?凄いじゃん!!」って感動したけど、肝心のドラマ(「小さな巨人」)がどうもあまり好きそうじゃなくて主題歌とか興味持てなさそうだなと思ったのでやっぱり「あー、アルバムに収録されるまでちゃんと聴くのはよそう…」ってなって、でその後すぐに「ノンフィクション」がYouTubeで公開されたので「やっぱ聴いてみよう」って思って聴いて、ようやく度肝を抜かれた。

この歌詞なんだ!?  近年の平井堅の雰囲気とは何かが違う…ドラマのストーリーと世界観を合わせてるのかな…?? いやそれにしたってテーマが深いぞ…!? って驚いて。正直タイトル聴いた時点ではポップで割とアップテンポめな曲になるのかな?って思ってたから、演奏がギターのみから入りハーモニカとドラム、ストリングスっていうシンプルな構成にも驚いたし、かえって新しさを感じたというか。

で、Mステでこの曲が披露される時に堅さんが「亡き友人に向けて書いた歌」って仰ってて、そうなんだ!!って、驚いたし凄く納得したし、暗闇の中で片手に花束を下げて歌唱する姿にも凄く心を奪われた。なんだろう、「亡き友人に向かって届かぬ想いを叫ぶ」ってテーマとしては先に挙げた竹原ピストルの「例えばヒロ、お前がそうだったように」みたいな感じなのかなぁとか、「人間心の根底にあるような不安という感情を表現しリスナーに語りかける」っていうテーマとしては先に挙げたウルフルズの「バカヤロー」みたいな感じなのかなぁって考えるけど、実際全然何にも似てないし、言い表しようのない確固たるモノというか、そういう魂みたいなモノがこの曲にはあるんですよね。ラスサビの「秘密 涙 一人雨  目覚めたら襲う不安」の部分でギターの演奏にアクセントがついてるところが聴いてて鳥肌がサーッと立ちますね。

で、Mステの披露の後「ノンフィクション」、YouTubeの音楽 急上昇ランキング1位にしばらくの間 登りつめていたのを僕は見逃しませんでしたからね!(笑) みんなMステ見て来たんだ〜って、人々の心が揺れ動く様が目に見えて伝わってきたのがなんか面白かった。高評価はあともうちょいで1万に届きそうですので、是非もっとみんな聴いて!って思います。(←何様)

そんな平井堅さん、来月にはベストアルバム「歌バカ 2」をリリース予定で、スペシャルディスクには僕の大好きなtofubeats中田ヤスタカ石野卓球、そして槇原敬之にKANに横山剣草野マサムネ×亀田誠治BONNIE PINK×村田陽一 etc…が参加とかいう、割とマジでヨダレ垂らしながら気絶して死にそうな内容(?)。 楽しみですね〜!!

 

f:id:fuurintakino:20170611235439j:image

人生は悲劇ですか? 成功は孤独ですか?

僕はあなたに あなたに ただ会いたいだけ

正しくなくていいから

くだらなくてもいいから

僕はあなたの あなたの 本当を知りたいから

カバンの奥でなる鍵  仲間呼ぶカラスの声

僕はあなたに あなたに ただ会いたいだけ

 

Perfume「宝石の雨」

f:id:fuurintakino:20170606172651j:image

昨年アルバム「COSMIC EXPLORER」をリリースし、更に”世界に発信する音楽”として進化を遂げたPerfumeは、今年のシングル「TOKYO GIRL」でもそういうテーマが発揮されており、年々シンプルで 世界共通の音楽として伝わりそうな雰囲気とアンセム感が増していってる気がする。が、個人的には正直 去年アルバムを聴いた時点からずっと「なんか、変わっていっちゃうな…寂しいな…」とか思ってたりした。(3人自体は少しも変わらないのは良いのだけれど)。偶然か意図的か、「COSMIC EXPLORER」が「全曲題名が英語」という縛りになってなかったのであれば、もし「LEVEL 3」の頃の感覚であれば「いじわるなハロー」なんかは絶対収録されてたと思うし、なんだろう、やっぱり”Next Stage with YOU”しちゃってるのかな〜なんて最近思うんですが。

……とか言いつつも、いつも揺らがないモノがあるのがPerfumeのカップリング曲の良いところ!(と勝手に思ってる…)ということで今回も良かった。「TOKYO GIRL」のカップリング曲として収録された「宝石の雨」は「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」のCMソング。のっち曰く「雨の日もハッピーになれるような、雨上がりも素敵に見えるような、柔らかい優しい曲」ということで、本当にその通り言葉の素敵な楽曲ですね。快晴なのに小雨が降ってるという天気、所謂 お天気雨の中でこの曲聴いてると、凄く心地いいんですよね。

今年、ドラマ「パンセ」で女優デビューもしてしまったPerfume。段々広い分野に活躍が広がっていくようですね。これからも応援していきたいです。

宝石の雨

宝石の雨

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250


f:id:fuurintakino:20170611151436j:image

Rainyで綺麗に 精錬の過程に
ほんのマジックみたいなの
Rainyなくらいに 控えめなそれに
宝石の粒を 降らすの

 

ゲスの極み乙女。「シアワセ林檎」

去年から 川谷絵音さんの報道により活動自粛が決まってたゲスの極み乙女。だったけど、

↑このツイート以降 「達磨林檎」収録のPVたちが次々と公開された。正直 例の報道が出た時 僕は、「なにやってんだよ…もうあのバンドおしまいなんじゃない?」なんて失礼なこと思ったし実際Twitterでそんな感じのことを呟いたりもしちゃったけど、ほんとあれは反省したい。スミマセンでした。以降公開されたPVたちと曲には全て、心を奪われた。熱意というか、なんだろう、熱さみたいなのが伝わってきたんですよね。それらが収録されたアルバム「達磨林檎」を聴くのも、いつしか楽しみになってましたね。

ていうか本当に、「シアワセ林檎」が良い曲すぎるんだ!!YouTubeのPV 再生して妹と聴いてて「え、この曲スッゴイ良い曲!」って2人して感動して、なんだか瞬時に心が通じ合った気がして音楽のパワーを感じた。「気づいたらさ どうでもいいことが幸せに感じる」って実感した瞬間でしたね。後半の「あの日あの時言えなかったのは  I love you   林檎みたいに赤くなっても言いたかった」ってところの展開もグッとくるし、演奏は相変わらずハイパーかっこよくて聴いてて間奏なんかほんと酔いしれちゃうし、色々と素晴らしい楽曲だ、「シアワセ林檎」。 本当に川谷さんは、人の心を動かす音楽を作るのが上手いんだなぁと改めて思った。


f:id:fuurintakino:20170611160610j:image

世界平和の為でもそうじゃなくても
悲しさの先に生まれる
幸せを肴に話でもしてみませんか?

きっと楽しいからさ

 

⑭Awesome City Club「Action!」
f:id:fuurintakino:20170611132810j:image

新進気鋭のシティーポップバンド・Awesome City Clubが今年 “Awesome City Tracks”シリーズの最終章としてリリースしたアルバム「Awesome City Tracks 4」は、これまで以上にポップで様々な曲調を取り入れた、確かな進化を感じる1作でしたね。リードトラックになっている 中毒性がハンパじゃない楽曲「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」も良かったけど、アルバム後半の「次なるステージに向かうんだ」って意気込みが感じられる雰囲気もなかなかで。その中でも最後の楽曲「Action!」は特に良かった。「未来は百花繚乱」って、自分の座右の銘にしちゃいたいくらい良いフレーズじゃないですか。

”Tracks”シリーズが終了し今後どんなCDをリリースしていくのか、期待ですね!!

Action!

Action!

  • Awesome City Club
  • ロック
  • ¥250


f:id:fuurintakino:20170611144045j:image

張り詰めた 空気のままじゃ ほら 期待もできないでしょう
窓開け放って Reaction じゃなく Make Action!
いつかじゃなくて 明日じゃなくて 今すぐに飛び立って
未来は百花繚乱

 

↓以下は、何かしらのきっかけがあってYouTubeで聴いて「良いな〜」と思った楽曲群。上の楽曲群のようにちゃんと聴き込んだ訳ではないので、あまり掘り下げない感想にさせて下さい。笑↓

 

⑮ゆず「タッタ」

ゆず20周年!めでたいな〜。PVも相変わらず素晴らしい完全度で、とっても引き込まれます。今回は久々の弾き語り調ってことで、やっぱりゆずといえばこうでなくっちゃ!っていう要素が詰まってる気がする。

 

水曜日のカンパネラ「メロス」

なんかこの曲凄いぞ!?  水カン、ついに来ました新境地。映像と音楽 共にとっても興味深い作品。再生が止まらない。アルバム「SUPERMAN」の方も早く聴かないとな〜。

 

電気グルーヴ「人間大統領」

さすがは電グル× 天久聖一アニキ!!もう色々とアウトっす。(笑)

 

岡崎体育「Natural Lips」

1年半くらい前にTwitterでツイートしていた「冷蔵庫に貼ってあるレシピを英語っぽく読む」というネタをついに楽曲に組み込んでしまった岡崎先生。ほんとこの人天才ですね。てか謎の振り付け…wwwww 日常の重要な局面で思い出し笑いしそうになるからほんとやめてほしい。  (褒めてる)

 

林原めぐみ今際の死神

今年ハマったんですよね〜「昭和元禄落語心中」。マンガ全巻読んで感動してボロッボロ泣いちゃって。そのアニメの主題歌を僕が大好きな椎名林檎さんが彩ってるって、もう胸熱でしかないんですけど。今回も林檎さん得意の”ピッタリ3分間楽曲”ということで、もう相変わらずカッケーです、震えますよ、ハイ。林原めぐみさんの曲、今後チェックしてみたいですね。

 

【おまけ/SPOT LIGHT】

ヤバイTシャツ屋さん「ヤバみ」

実は、今年存在しているアーティストの中で最も特筆すべきアーティストは、ズバリ、”ヤバイTシャツ屋さん”です。愛称・”ヤバT”。

何年か前(2年くらい前?)から「個人的な感情とかをコミカルに歌ってる、変な名前のカオスで面白いバンド」って認識は印象としてうっすらとあったんだけどちゃんと聴いたことはなくて、今年 偶然YouTubeで「あつまれ!パーティーピーポー」を聴いて面白いな〜って思ったのと なんとなく公式ホームページ( http://yabaitshirtsyasan.com/ )を覗いてみたら色々と可笑しすぎて爆笑したっていうのがきっかけで、以降はとにかくこのバンドの存在が気になって仕方がなくて興味深さが日に日にアップしていったって次第で。で、近年 大きな話題となっている「MUSIC VIDEO」「感情のピクセル」含め 岡崎体育の面白いPVたちを作ってる”寿司くん”って監督が ヤバTのボーカル・こやまたくや さんと同一人物っていうのを知って、とても驚いた。そして、その”寿司くん”というものが監督をする上でのハンドルネームだけではなく 以前その”寿司くん”というキャラクターが主役のアニメが制作されていてグッズも作られて一部のサブカル界隈で一世を風靡し(?)、それらを全て考案していたのもヤバTのこやまさんっていうのを最近知って、もっともっと驚いた。

  

こちらがそのアニメ「寿司くん」の動画。シュールで面白くてツボにハマるし中毒性がハンパじゃないし、一度見だすと他の話を見たくなって止まらなくなる(笑)

ていうか本当に、こんなに面白いアニメを考案して、PVの監督もして、自分のバンドも運営してしまう こやまたくや さんって、一体何者なんだ…!!!!!!って話なんですけど。

で、今年 4thシングル「どうぶつえんツアー」の収録曲として公開された「ヤバみ」のPVではなんと、カメラが勝手に引いてってメンバーの様子が確認しづらい状態になり、それに対してメンバー自身が曲に被せてツッコミを入れるというこれまで以上に斬新なネタを披露。結構 重要なことを歌ってるのに、聴かせる気ゼロっていう(笑)。最初見た時ほんと笑いすぎてお腹痛くなった。開始早々めちゃくちゃな英語歌詞をオシャレ風に歌っといて その後でありほぼさんが「いっぱい英語で歌ってみたけどあんまり意味ないよ!☆」って言うところもなかなかカオスで可愛い。「日本語の乱れがどうたらこうたら言うけどいつの時代でもおんなし ふいんき良ければそれで全然大丈夫だからまぢウケんね   偏差値が20ぐらい下がってく」って早口で言う歌詞も面白い上に説得力があって良さみが深い。もう色々ヤバみを感じる。

そしてそして、先月 公開された ロッテ「キリトールガム」の20周年プロジェクトソング「とりあえず噛む」では いつものふざけた感じの雰囲気はなく、真面目で熱い曲も作ってしまうバンドなんだってことが発覚(もっとも、歌詞は相変わらずコミカルですが)。どこまで多彩なんだ、ヤバT。

 

正直、この世に存在するあらゆる創作物の中で、最も「嫌悪なムード」から遠い存在って、 「シュールで笑えるモノ」だと思うんですよね、僕。単純に 元気が出るような創作物だって、感動して泣けるような創作物だって良い。だけど、もっとも嫌な事を忘れさせてくれる、心が欲してる世界こそ、”シュールさ”だと思うんです。そういうモノを、こやまさんがやろうとしてることは全て満たしている。イコール、こやまさんが作ろうとしている世界は正に”ユートピア”なんですね。ちょっと話が飛躍しすぎてる感じはありますけど、どうか伝わって下さい(笑)。まだヤバTを知って間もない自分だけど、とにかくそういう印象を受けたんですね。

 …てな訳で、ヤバイTシャツ屋さん、今後も大注目のアーティストでございます。

 

(↓そしてこのアー写…www)

f:id:fuurintakino:20170612131250j:image

ヤバみバみバみバみバみが深みで
本当に言いたいもんなんて本当は伝わらないもんね
ヤバみバみバみバみ
さぁみんな来い follow me

 

 

ということで、いかがだったでしょうか。本当に今年は楽しい音楽が盛りだくさんの年ですね。VIVA 2017年。

下半期には、超待望の桑田佳祐さんのニューアルバムのリリース、そしてサカナクションのニューアルバムのリリースが待っており、今年はそれを楽しみに生きているといっても過言ではないのですが、両方ともなかなかに焦らしますね。。まぁ、本当の楽しみは後に取っておこうってな感じで。

下半期も、素敵な音楽にたくさん出会えますように。

 

映像監督・児玉裕一の魅力に迫る。

超ベテラン人気映像ディレクター・児玉裕一(こだま ゆういち)。41歳。あの椎名林檎サマの夫であり、誰よりも妻を美しく撮る男。

今回は、そんな児玉さんの作る作品の魅力について語ってみようと思います。
f:id:fuurintakino:20170528200017j:image

まずこの方、監督を務めているPV作品に東京事変サカナクションPerfumeBase Ball Bear、水曜日のカンパネラなどがあり どれも映像と音楽 共に個人的な嗜好として大好物な作品のオンパレードなため 勝手に「皆が知ってる有名な監督さん」ってイメージになってますが、知らない人は知らないですよね。で、どれほど凄い方というと。

これ!去年のリオ五輪の閉会式で話題となったこの演出。これでチーフ映像ディレクターを務めた方が児玉さんです。この時の音楽はご存知 椎名林檎さんが担当されて、いやーこれは盛り上がったな〜。児玉さんも林檎さんも、夫婦共に 日本のカルチャーを盛り上げる頂点におられるんだっていうのを確信した瞬間でしたね。

そして、去年話題となった作品を挙げると、これもです。

宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス feat.椎名林檎」!!これも本っ当に盛り上がりましたね〜。このお二人さんがまさかあんなことや💜こんなことに❤なってしまうとは…凄まじい演出。日本の音楽ファンを興奮の渦に巻き込んだ、確実に「歴史的一作」とも言える一つの映像作品となりました。

 

てな感じのを撮ってる方ですが。

では、児玉さんの撮る作品のどんなところが好きなのか、具体的に挙げていこうと思います。

 

とにかく、映っているものの全てが美しい。

まぁ主にこれなんですけど。

例えば、個人的にめっっちゃ好きなのが、Mr.Children「エソラ」のPV。(※2008年。森本千絵さんとの共作。)

スーパーマーケットの風景が…
f:id:fuurintakino:20170528211626j:image

棚の横を駆け抜けることによって…
f:id:fuurintakino:20170528211747j:image

流れる景色がオレンジと白と黒の流線に変り、このPVのメインビジュアルになるという…!!!!!
f:id:fuurintakino:20170528212314j:image

いやーー……なんて美しい…。こんな、デザインの神様みたいな発想、誰が思いつくんだ!って。
まぁこれは共作PVのため一人でこれを考えた訳ではないと思うので「児玉さん(のみ)が素晴らしい!」って推すと若干 語弊がある感じになっちゃいますが、こんな風に、誰も思いつかない方向から、誰よりも ズルイくらいに美しく映像を魅せるのが児玉さんの魅力ですね。


そして。

出演するメンバー 1人1人のスポットの当て方が素晴らしい。

このテーマにおいて一番特筆すべきは東京事変ですね。(※2011年、「新しい文明開化」。)

ショートヘアーに黒縁メガネという、このPVでしか見れない特別なビジュアルの林檎さん。

f:id:fuurintakino:20170528225605j:image
壁に同化していた浮雲さん。
f:id:fuurintakino:20170528234243j:image

仮装大賞パロに参加する刄田さん。
f:id:fuurintakino:20170528230009j:image

機長役を務める伊澤さん。
f:id:fuurintakino:20170528230129j:image

新しい亀田誠治(?)とか。
f:id:fuurintakino:20170528234402j:image

こんな感じで、児玉さんは、出演しているメンバー1人1人を本当に魅力的に映すんです。

 

そして、Perfumeの場合は。(※2015年、「Pick Me Up」。)


f:id:fuurintakino:20170528232205j:image
f:id:fuurintakino:20170528232218j:imagef:id:fuurintakino:20170528232231j:image

これまで描かれてこなかった、3人がそれぞれ”自分”と向き合う姿が描かれるという、Perfume PV史において確かな新境地を切り開いた作品となりましたね。

f:id:fuurintakino:20170528233435j:image
f:id:fuurintakino:20170528233451j:image
f:id:fuurintakino:20170528233505j:image

そしてこの、「運命感じる3・2・1」の時に1人1人をアップで映すカット。ほんとカッコ可愛いすぎて、ファンとしては鼻血ブーモノなのでやめてほしい。w (*゚∀゚*)プヒ

 

あと、近年で一番 感動したのはSMAPの「華麗なる逆襲」ですね。(※2015年。)

(↓動画)

PVのラスト、メンバー1人1人の名前と姿が印象的に映し出され…
f:id:fuurintakino:20170528222320j:image
f:id:fuurintakino:20170528222340j:image
f:id:fuurintakino:20170528222426j:image
f:id:fuurintakino:20170528222440j:image
f:id:fuurintakino:20170528222539j:image

f:id:fuurintakino:20170528222838j:image

そしてタイトルドーン!、って、カッコよすぎでしょ!!!!!これですよ。視聴者が求めてる映像のカッコよさって、こういうシンプルで洗練されたところにあるんですよね。SMAPが今や存在しない現在は、このPV作品の存在がどんなに有難く尊ぶべきものか…!なんて言いたくなります。

 

そう、タイトル。ここにもスポットを当てたい。 

 

タイトルの出し方(& 文字の出し方全般)、毎回カッコよすぎ問題。

先ほど挙げた東京事変の「新しい文明開化」をもう1度挙げると、
f:id:fuurintakino:20170529001333j:image

ダンボールを蹴って紙吹雪が爆発してタイトルがドーン!っていう最高にロックでお洒落なラスト、が用意されてるワクワク感とか。

 

Base Ball Bear「BREEEEZE GIRL」では。(※2009年。)

風の吹き抜ける屋上が映し出されて、タイトルがドーン!からの「Base Ball Bear」って出るこのテンポの良さ、気持ちの良さとか。
f:id:fuurintakino:20170529001952j:image
f:id:fuurintakino:20170529002016j:image

 

そして、近年の児玉さんの作風だと、画面の右に歌詞字幕が映し出されるのが主流ですが…
f:id:fuurintakino:20170529002501j:image
f:id:fuurintakino:20170529002633j:image

今月公開されたばかりのPV作品、ウルフルズの「バカヤロー」では、この演出に大きな拘りが見られたりするんです。


f:id:fuurintakino:20170529002931j:image

2番の部分まで歌詞字幕が出ていたと思ったら、
f:id:fuurintakino:20170529003540j:image
f:id:fuurintakino:20170529003556j:image
f:id:fuurintakino:20170529003610j:image

ラスサビではそれが消えて、メンバーが熱唱する表情が大写しになるという……いやーー、凄いな。この粋な演出にはやられますよ。涙腺やられる。

で、ラスト、フェードアウトしながらタイトル出るところもカッコよすぎて鳥肌立ちまくり。児玉さん、そしてウルフルズの皆さん、最高ッス。
f:id:fuurintakino:20170529003906j:image

 

ゾクッとさせる刺激的要素も!

ここまでずっとビジュアル的な面に注目して児玉さんの作品の魅力に迫ってきましたが、PVの中にストーリーを持たせて視聴者を引きつけるという演出も超一流なんだってことにも触れておかねば。

2015年に公開された椎名林檎さんの「長く短い祭」。こちらの作品、あまりにも映像内容が衝撃的なため、林檎 愛好家、またその周辺の音楽ファンの間では大きな話題となり散々 感想、考察が飛び交ったものです。

 

冒頭、水が溢れる浴槽と、暗がりで手を洗う女性の姿。
f:id:fuurintakino:20170529100221j:image
f:id:fuurintakino:20170529100356j:image
f:id:fuurintakino:20170529100419j:image

そして女性は夜の街へ繰り出し、ディスコで踊る。どういうPVなのかな〜って思いつつ見てると…
f:id:fuurintakino:20170529100513j:image
f:id:fuurintakino:20170529100553j:image

ラスト、時間が巻き戻され 明らかとなったのは、この女性は人を殺してきた後なんだってこと…!!

(ここで冒頭の伏線が回収される面白さ…!!!!)
f:id:fuurintakino:20170529100743j:image
f:id:fuurintakino:20170529100808j:image
f:id:fuurintakino:20170529100918j:image

浴槽に監禁された男にキスをして…何度も足蹴り。一体何があったんだ…

f:id:fuurintakino:20170529100908j:image
f:id:fuurintakino:20170529101105j:image

そして草むらで踊り狂い、パトカーの赤ランプが顔を染めて…。終わり。
f:id:fuurintakino:20170529101209j:image
f:id:fuurintakino:20170529101222j:image
f:id:fuurintakino:20170529101242j:image
f:id:fuurintakino:20170529101358j:image

何度見ても、本当に凄いPV。どういう思考回路してたら、こんな恐ろしく、それでいて美しい映像が撮れるんだ!と。まさにthe・椎名林檎ワールドって感じですよね。そんな二人のタッグは、the・新境地。この夫婦、本当に凄すぎる。

 

そして今年公開された水曜日のカンパネラ「一休さん」でも、こういった刺激的発想が展開されており。

 

時間の止まったダンスホールで出会う男女。
f:id:fuurintakino:20170529103206j:image
f:id:fuurintakino:20170529103245j:image
f:id:fuurintakino:20170529103258j:image

そして男が指名手配された爆弾犯であるという情報が視聴者に提供され…
f:id:fuurintakino:20170529103556j:image
f:id:fuurintakino:20170529104625j:image

二人は手を繋ぎ逃走。からのビル大爆発!!
f:id:fuurintakino:20170529103712j:image
f:id:fuurintakino:20170529103727j:image

うーん。怖すぎる。でも、ビジュアル的に美しすぎる。ていうか、「一休さん」ってタイトル聞いてこんな映像作るって、発想が神すぎると思うんですが。この、児玉作品の中でも過去の色々な要素が入った集大成とも言えるPV。刺激的です。

 

こんな感じで、児玉裕一さんの撮るPVはどれも異なる要素が入ってきて年々進化していくのです。天才ですね。今後の監督作品にも期待していきたいものです。

 

※補足

今回挙げたPVは全部 個人的に最も好みな作品だけを挙げてしまいましたが、他にも監督作品にスネオヘアーRADWIMPS、DAOKOとか本当に凄いのが色々あるので、解説が足りてない部分はWikipediaで補って頂けたらと思います。(笑)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%8E%89%E8%A3%95%E4%B8%80

アルバムレビュー・竹原ピストル「PEACE OUT」〜求めていた音楽がここにあった

 

2ヶ月ぶりの更新。執筆意欲が高じたのでザーッと書こうと思う。

今回スポットを当てたい作品は、竹原ピストルさんのニューアルバム「PEACE OUT」。今年4月5日にリリースされたばかりの注目作だ。

この方の曲をちゃんと聴こうと思ったきっかけは、1月クール 毎週楽しく見ていたテレ東の深夜ドラマ「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」で主題歌として「Forever Young」を聴いていて、好きなドラマ主題歌の音源は基本ちゃんとCDを入手して聴きたいと思ってたのでレンタルで借りて聴いた、という極単純なものだった。が、実際にこの作品を聴いてみたら、想像を遥かに上回る興奮が待っており……えーと。あぁもう。前置きするのも煩わしいくらいに言いたい言葉で溢れてる。本題に入ろう。


f:id:fuurintakino:20170507213716j:image

①ドサ回り数え歌

「ドサ回り」、とは芸能人などが地方を巡業することを意味するが、この曲では竹原さんが全国各地を回ってライブをする時の想いを綴った1曲であり、実際ライブではお馴染みの曲だそうだ。今作ではそんな中で既に披露されてきた曲が未音源となっていて お客さんから音源化を希望されていたものが多いらしく、この曲もその中の1つだという。というのは今回ちゃんと調べるまで知らなかったのだが、なんだか初めてこの方の音楽に触れる自分でも、温かな愛が間近に伝わってきて、とても幸せな気持ちになる。

 弦、切れて 縁、切れて でも元気でね

嗚呼、ドサ回り 数え歌

一見さんから常連さんまで元気でね

嗚呼、ドサ回り 数え歌

このアルバムのタイトル「PEACE OUT」は米俗語で「じゃあな」「また後で会おう」という意味だそうだが、そんなテーマに沿った 始まりに相応しい1曲となっている。

 

②虹は待つな 橋をかけろ

虹は待つな 橋をかけろ

虹は待つな 橋をかけろ

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

明るくて男らしくて、聴いてるだけで元気が出てくる1曲。すぐにこのアルバムの世界にグッと引き込まれた。"一見さん"の立場で聴いても"常連さん"の立場で聴いても、程よい温かみに溢れて、アルバムとしてとても良い入り口となっている。なんだろう、こういう曲のジャンルってなんて言うんだろう。とにかくカッコいいんですよ。ギターの音が沁みるぜ。惚れるぜ。って感じです。

虹は待つな 橋をかけろ

例え汚すことになろうとも

その涙に橋をかけろ

虹は待つな 橋をかけろ

 

③一枝拝借 どこに生けるあてもなく

一枝拝借 どこに生けるあてもなく

一枝拝借 どこに生けるあてもなく

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

これまたギターの音と歌声が沁みる1曲。もう初聴きでもこの時点で完全にこの歌声に惚れてましたね。2分半という程よい長さの曲がこうして挟まれてることによって、「じゃあ次の曲もそのまま聴いちゃおうかな」って思えてくる。そういう意味では、非常に絶妙なメリハリのあるアルバムなのである。

これっぽっちもお呼びでない春雨が

これっぽっちもお呼びでないのは人ばかり

当の桜は滲んだ昼下がりの片隅

紅い唇の端をニヤリとめくりあげている

一枝拝借 どこに生けるあてもなく

詩の世界観が非常に独特で素晴らしいと思う。これが日本の歌ですよ!!って英語に翻訳して海外に発信してもいいのでは?って思うくらい、様々な魅力で溢れている。

 

④ママさんそう言った ~Hokkaido days~

ママさんそう言った ~Hokkaido days~

ママさんそう言った ~Hokkaido days~

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

竹原さんがかつて北海道でお世話になったスナックのママさんとのやりとりを回想し感謝を述べる歌であるが、なんとここではラップがメインの楽曲となっている。(愛称:タケハラップ)

「ママさん、どこのどいつでも構わねーから、今日もどこのどいつかの前に10分だけくれよ。」
俺の特攻はもはや野放しの状態。
小うるせぇママさんも眉間に皺を寄せて了解。

「勝手にやんな」って
ママさんそう言った

「ただし必ずやっつけろ」って
ママさんそう言った

「おまえさんならやれるだろ」って
ママさんそう言った

「さぁ、ノックアウトしといで」って
ママさんそう言った

プロボクサーのようなスポ根漫画さながらの迫力あるリリック。(←竹原さんは過去にボクシングをやられていたらしいので、余計にそう表現せざるを得ない)。聴いててグングン引き込まれる。まさかこんな、ヒップホップの音楽にのせたラップの曲も作る方だとは、予想外だった。これはアルバムをちゃんと聴こうと思った人にしか伝わらない一面。やっぱり少しでも興味のある歌手は アルバムって聴いてみるもんだな〜と思いましたね。

 

(↑昨年投稿された竹原さんのブログ記事。実際にお世話になった店のことと この歌の歌詞が綴られています。聴きながらこれを読むと なお世界観がフルに伝わってきて良いですね。)

 

⑤ぐるぐる

ぐるぐる

ぐるぐる

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

この曲は、かつて竹原さんが所属していたフォークバンド・野狐禅(ヤコゼン)の活動時に作られた曲らしいのだが。

ほんとに。このしわがれた声が 。好きすぎる。。

涙があふれて 涙がこぼれ落ちそうになって ガムテープで顔面をぐるぐるにする

涙は感情の墓場だぜ 

ガムテープで顔面をぐるぐるにする

グッとくるな〜〜。ハーモニカ吹き始めるところとか、めちゃくちゃカッコいい。この歌声をずっと聴いていたい!! って、そう思わせてくれる1曲。なんかもう、語彙力喪失モンです。。

 

⑥一等賞

一等賞

一等賞

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

曲のジャンルにおいて色んな一面を見せてくれるのがこの方の凄いところで、こちらは前の曲とはうってかわって、穏やかな雰囲気に包まれた温かみのある楽曲。

僕は目を覚まし 朝焼けはまだ寝ぼけてる

誰より先に踏み出して影より長く呼吸をする

道を逸れるなんてそんなの誰にだってできるじゃないか

僕はこの道の中にこそ道を見いだしてみたいんだ

嗚呼、最高。本当に、元気が出てくるな〜。朝に聴きたいですね。これ、前の曲と同じ人が作ってるんですよ!? (当たり前だけど)。とても才能を感じるな〜。…なんて細かい感想を述べている間もなく、曲はどんどん先へ進んでいく。このアルバム、まさに疾風怒涛。

 

⑦ ため息さかさにくわえて風来坊

ため息さかさにくわえて風来坊

ため息さかさにくわえて風来坊

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

低いギターの音と打楽器のドン!ドン!という音から始まり、開始数秒でガーッと曲の世界に引き込まれ、デジタル感のある音が気持ちを加速させる。こうしてアルバムとしての「竹原ピストル」を聴いてると、テレビとかで紹介されてるような形(主に弾き語りスタイル)とは異なった多種多様な魅力もガンガンに溢れているのがよく分かる。どんな曲も歌いこなすカッコよさ。素晴らしい。平沢進っぽい感じが最高。まさに「風来坊が駆けていく」という情景が表現された絶妙なサウンド。旅の途中で気分たっぷりに聴いてみたい。

どこへ行く?どこへ行く?どこへ行くったらどこへ行く?

風来坊 風来坊 風来坊ったら風来坊

ため息さかさにくわえて風来坊

 

⑧最期の一手 ~聖の青春~

最期の一手 ~聖の青春~

最期の一手 ~聖の青春~

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

昨年 映画化もされ話題となった作品「聖の青春」だが、竹原さんは そこで描かれた天才将棋棋士 故・村山聖 九段にインスピレーションを受けてこの楽曲を制作したらしい。(調べても情報があまり多くは出てこないので、あくまで推測)。

生きて 生きて たどりついた 最期の一手
一手 一手 たどりついた 最期の一手

この曲ではストリングスの演奏も本格的に入り、曲の世界を奥深くまで引き立てている。「生きて 生きて」。「一手 一手」。その簡潔で力強い歌詞が、とにかくグッとくるのである。

 

⑨ただ己が影を真似て

ただ己が影を真似て

ただ己が影を真似て

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

ピアノと歌だけで構成されたシンプルな楽曲だが、ここで「この人、歌のメロディの良さも最高なんだよなぁ」とはっきり気づく。

こんな風にしか歩いていけないことを恥じてたいつかがあった
こんな風になら歩いていけると安堵しはじめたいつかがあった
目指さなければ迷わねえさ
ただ己が影を真似てつまづくだけさ

泣けてくる…。毎晩寝る前に、1人静かに聴きたい。もう、この歌詞を書いた竹原さんの心情が、手に取るように伝わってくる。こういう曲を聴いて、深く深く音楽の世界に潜っていきたい。泣きたい時は思いっきり泣きたい。ありがとう竹原ピストルさん。明日も頑張ります。…聴きながらそんな風に思う。

 

なんだかアルバムを聴いてる時って、いま聴いてる歌手が自分だけのためにライブを開いて歌ってくれてる感じがしてくるんですよね。この曲ではそのようなものが特に強く感じられてグッとくるんです。竹原さんと自分だけが存在する世界での3分間、みたいな。(本当は実際にライブに行ってみるっていうのが良いに決まってるんだけど、僕は家で聴くのが好きなので、いつもそんなことを想像しながら聴きます)。

 

⑩例えばヒロ、お前がそうだったように

例えばヒロ、お前がそうだったように

例えばヒロ、お前がそうだったように

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

アルバムの中でズバ抜けて好きな1曲がある時、その曲を大々的にフィーチャーして それだけで一つの記事にしたいくらいな時ってあるけど、これがまさにそんな曲。

語り手が(恐らく実話なので竹原さん自身が)、亡くなった「ヒロ」という1人の人間に向かって、そしてこれを聴いているリスナーに向かって、溢れる想いをぶつけていく鎮魂歌。歌、というよりは、語りというか、上手く言い表すことが出来ない。竹原さんはそんなリスナーの気持ちに応えて、

これは歌なんかじゃない。
ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。

と言う。細かい感想など考える隙間もなく、声が駆けていく。音が駆けていく。曲が終わって音楽プレーヤーのカウンターを見るたびに、「この曲7分半もあったの!? いまそんな経った!?」と驚く。時の流れも忘れるほどに、一秒残らず曲の世界に引き込まれる。こういうのを本当の「音楽」というのだな、と気づく。

色んな音楽が溢れているこの世界、お洒落な音楽も、元気の出る音楽も、僕の心を癒してくれる。でも、これは、そういう次元のものとして語れるものではない。

疲れる毎日、あやふやな日常の中。魂ごと掴んでグラグラと揺さぶって、彼はこう言う。

生きたいのか、死にたいのか。

そんなことはときにどっちでもいいような気がする。

そんなことより、生きたいなら生きたいなりに、死にたいなら死にたいなりに、

ちゃんと人間か?

ちゃんと人間か?

目が眩むほど、真っ赤に真っ赤に

ちゃんと人間か?

なんだか、涙が出た。誰かに、ずっと、そう問いかけてほしかった。言い表しようのない世界の道理が、この曲には全て収まっている。僕が日々求めていた音楽は、ここにあったのだな、と思った。

 

⑪Forever Young

 

このアルバムを山と例えて「例えばヒロ、お前がそうだったように」を頂上地点とするならば、ここから後は下りの段階だろう。そんな中で、この曲をこの部分に持ってくるんだ!?という、なんという絶妙なポゼッション。初聴きのリスナーのお目当てであろう曲を1ミリも飽きさせずにここまで持っていくとは、なんというテクニシャン。

前述した通りこの曲はドラマ「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」の主題歌で、ドラマのエンディングでもPVでも出演者のおじさん俳優の方々を前にして静かに励ますように歌っているシーンが見られるが、曲のメッセージとしてはどの年代の人にも響くようなパワーがあり、かくいう僕も本当に励まされて泣きそうになります。。 

(↑PV撮影後のツイート。ここ数ヶ月の歌番組での佇まいとか見てて思ったけど、竹原さんって本当に腰が低いんですよね。そういうところ、本当に好きです。)

くだびれた言葉で 新しい約束を交わし

萎れた声で 新しい歌をうたおう

満ち満ちた若葉はいつだって

色褪せた枯葉の上にひらくのさ

 

⑫俺たちはまた旅に出た

今回一番新しく制作した曲らしく、新たな世界へと船を漕ぎ出すような、そんな志が感じられる1曲。伊藤忠商事のCMソングに起用されている。

俺たちはまた旅に出た

良い兆しなんてこれっぽっちもなかったからここまで来れたんだし

俺たちはまた旅に出た

良い兆しなんてこれっぽっちもないから これからも行くんだよ

竹原さん自身 今年からライブをするお店との完全なブッキングをやめて1人新たな道へ歩み出す、という決意の籠った歌でもあるらしいが、これを聴いているリスナーにも「これからも頑張ろうぜ!」というメッセージが込められてると思うし、聴いてて本当に元気が出てくる。

 

⑬マスター、ポーグスかけてくれ

マスター、ポーグスかけてくれ

マスター、ポーグスかけてくれ

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

「ポーグス」とは、80年代に活躍したイギリスのロックバンド・The Poguesのことを指す。4曲目の「ママさんそう言った ~Hokkaido days~」同様、かつてお世話になった店のマスターとのやりとりを回想し感謝を述べる歌であるが、この曲は今までのどの曲よりも幸福な雰囲気に溢れ、アルバムの〆(シメ)に相応しいものとなっている気がする。

てことでそんな曲に登場するポーグスの代表曲と言われるものがこちら。♪アイリッシュ・ローバー

なんとも陽気な雰囲気。「マスター、ポーグスをかけてくれ」はこの曲に影響されて制作されたのかもしれない。曲の感想を書く上で、そのルーツを辿りながら聴くって、一番良い音楽の楽しみ方かもな。

 

初めて竹原ピストルを聴く方には「まずこれを聴いてください、これが僕の歌です」と言えるアルバムなので、たくさんの人に聴いてほしいです。さらにここから過去のアルバムをさかのぼったら自分がどれだけブレブレの人間かがわかると思うので、そういうところもちゃんと見抜いてほしいです(笑)。

 

(インタビュー「竹原ピストル 不惑にして“惑えず”歌うたいの覚悟」 音楽ナタリー 2017年4月5日 より)

 

人は、毎日色々と悩みやら何やらあるものの、日々どこかで、色んな人の作る音楽にお世話になって、心の支えとなって、暗い世界から明るい世界に連れ出されて、笑顔になって、そんな感じで生きていく。そういうことを、音楽の有り難みを、この作品を以て再確認できたのかもしれない。嗚呼、偉大なるピストルさんに感謝。

アルバムレビュー・桑田佳祐「Keisuke Kuwata」~稀代のエンターテイナーが魅せる、痺れる音楽の世界

今年 桑田佳祐さんはソロデビュー30周年!ということで、少し早いですが おめでとうの気持ちを込めて、大好きなアルバム「Keisuke Kuwata」の感想を書いてみようと思います。
f:id:fuurintakino:20170312211634j:plain
桑田佳祐Keisuke Kuwata」は、1988年7月9日にリリースされた桑田さんのソロデビューアルバム。小林武史が全面的にプロデュースしており、その胸踊るような天才同士のコラボレーションと当時独特のバブルサウンドには本当に大興奮必至。

①哀しみのプリズナ
ギターの音が爽やかに響くイントロ。出だしの歌詞は「さぁ 部屋中を暗くしてくれ」だけど、どう聞いても、「sad hey jude a crash end claim~♪」みたいなことを言ってる英語に聞こえる。開始数秒で、「日本語の歌詞も英語っぽく聞かせるロマンの歌声」という桑田さん持ち前のパワーが耳にガーンとくる。この巧みさ...恐るべし。あと、この頃の音楽によく使われてた「ドゥドゥドゥドゥン↓↓!!」って打楽器の音が心地良すぎる。
「I've been trying hang on my love!!(俺はこの愛にしがみつく!!)」
男の悲痛な叫びをぶつけたようなラブソング。痺れますね。ソロデビューアルバムの一曲目がこれ...勢いの凄まじさに驚嘆。

②今でも君を愛してる
ベストアルバム「I LOVE YOU -now & forever-」に収録されているので、なんとなくシングル曲よりもシングル感の強い一曲。神々しいコーラスの歌声とサックスのメロディが混ざり合い、切なさを加速させる。曲がジワジワと盛り上がっていく感じは、コバタケ プロデュースの音楽として最大の魅力な気がする。80年代邦楽ならではの良さが曲全体で光ってるね。

③路傍の家にて
THE・異色サウンドの一曲で、才能が感じられすぎて脳が捩れそう。特に副旋律のメロディが素晴らしすぎて、明るめのメジャーコード進行ではあるはずなのに、この、どことなく漂う「奇妙さ」は何!?ってなる。「はかなき世に願う チャンス到来」と「さもしい小屋の並ぶ 天下往来」とか、「歯止めのない守備は 万事醜態」と「あてなき世の策は バンス膨大」とか、歌詞の語呂の良さがもはやラップの域に達している。

Dear Boys
桑田さんが自分の息子たちに向けて歌った曲らしいけど、子供に聴かせる歌にしては曲調が暗くて どこか切なさに溢れているのが印象的。「道におちた まるい影 愛しすぎる」って部分、聴いてるリスナーからしたら そんな歌詞を書いてしまう桑田さん自体が「愛しすぎる」って感じ。去年の「百万本の赤い薔薇」とか「ヨシ子さん」然り、誰かに尊敬の念や愛を込めて曲作りをするという姿勢は、今も昔も変わらないようで。本当に素晴らしいです。

⑤ハートに無礼美人 (Get out of my Chevvy)
管楽器の音がキレッキレに響くジャズ風の一曲。このサウンドはもう、これでこそバブルの音楽だ!!って雰囲気を感じさせて気分上がりっぱなし。「TOKIO の空が白み始めて どこかの小部屋で Morning Shower」からの盛り上がりは特に、体を揺らさずには聴けない。「時刻は SEVEN 君と EVEN 見たい HEAVEN」という歌詞があるので、七時に聴くと良いことあるかも?
Step out of my Chevvy~Chevvy~Chevvy!!♪(←セルフエコー)

⑥いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)

JALのCMソングとなった2ndシングル。「いつかどこかで 夏はまたくる」という歌詞から分かる通り夏の終わりがテーマの曲だけど、自分がこの曲を初めて聴いた時期もタイムリーなことに夏の終わりだったため、より一層 心に沁みる一曲となった。「今でも逢いたい 気持ちでいっぱい そんな惨めな恋などしたくない」...グッとくるものがある。

⑦Big Blonde Boy
個人的にこのアルバムの中で一番好きな曲。ひっきりなしに聞こえる打楽器の音×獣のような激しいサックスのメロディー×響く電子サウンドで、宇宙空間の彼方へと誘われる感覚。「愛のカンガルーみたいな芸人特有の魔法で 8分音符の彼方に いつかまた逢いにくるよ」などと、歌詞の芸術性の高さは桑田作品の中でもピカイチ。サザンファン界隈の方とカラオケに行くのなら、絶対これ歌いたい!!

⑧Blue ~こんな夜には踊れない
心地良いダンサブルな曲調で、初聴きの時から変わらず激烈にお気に入りな一曲。和風なカッコよさ(男らしさ)と洋風なカッコよさ(英語歌詞の堪能さ)が混ざり合ってて、もはや魅力の塊だと思う。当時「ラッフルズ・ホテル」という映画の主題歌になったらしいけど、こんなカッコいい曲が見てる映画のエンディングで流れてくるって、想像するだけで最高ですね。

⑨遠い街角 (The wanderin' street)

富士フィルムのCMソングとなった優しいミディアムナンバー。「また逢うことを信じてもあの場所には帰れない」と、過ぎ去ってしまった時間を悔いる切なさがテーマの曲だけど、サビの部分はどこか明るく希望が感じられる。桑田さんの曲はいつも、歌詞から読み取れる曲のテーマは暗くても 曲調は明るいというのが特徴的なものが多く、僕は桑田さんのそういうところが大好きです。あと、Wikiによるとコーラスに竹内まりやさんが参加してるらしいけど、今まで全然知らなかった。もう一度ちゃんと聴いてみよう。

⑩悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
メジャーデビューシングルをアルバムの終わりから三曲目に入れてくるというセンス、ポップアルバムとしてベストを尽くしすぎてて、もうその事実の時点で震える。25周年記念ライブ「I LOVE YOU -now & forever-」では一曲目に披露され、以降 老若男女が盛り上がれる夏の名曲として定着した(、イメージ)。イントロの開始数秒だけで「キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー」→「キャー ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃 キャー」→「キャ-♪~~(/≧∇)/\(∇≦\)~~キャ-♪」ってなりますね。(←もはや語彙力さえ喪失する)。あと、出だしの歌声が一瞬 山下達郎さんっぽく聞こえて「あれッ!!なんか声が...若い!!」ってなる。

⑪愛撫と殺意の交差点
ここまで来て、今までのどれとも被らないようなもっと濃い異色曲をバーンとぶつけてくるという。このアルバムはトコトン平凡じゃねぇぜ!!っていう意地というか、製作意欲がガンガンに伝わってくる一曲。政治を風刺するというテーマに、「誰かが降らせた光で 雨のち涙の気象台」という歌詞...お洒落すぎる。そして有名な情報だけど、終盤には「オーライ!!」という桑田さんの息子の声が収録されているという更なるお洒落さがあり、とっても音楽に対する拘りと愛を感じられる。最近はもうその声を聴きたいがためにこの曲を再生するようになった。

⑫誰かの風の跡
桑田さんの作るアルバムのラストはバラード曲というのはほとんど変わらずブレない事実であり、このアルバムでも王道なバラードがラストを飾る。が、一概にそう解説してしまうのは全く面白みがないと思えるほど、この曲は桑田作品の中でスバ抜けた名曲である。夏と青春の日々を回想するような歌詞が胸にジーンと沁みると同時に、人の心を静める「鎮魂歌」的ニュアンスを含む曲なのだなと最近になって思った。聴いた後の余韻からはなかなか抜けられませんね。

ということで、このアルバムの感想をちゃんと書いてみて思ったのは、やはり桑田さんの作るポップアルバムは日本一魅力的だということと、どんな曲も作れちゃうオールマイティーな才能があって それが名プロデューサーとのコラボレーションともなると更に凄い作品が出来上がってしまい、桑田ワークスの可能性は無限大ということですね!!
前述した通り 今年デビュー30周年を迎える桑田さんですが、そんな記念年の幕開けは4月スタートの朝ドラ「ひよっこ」の主題歌から。それに期待すると共に、今年出すかもしれない6年ぶりのソロオリジナルアルバムにてどんな音楽が展開されるのか...今後もワクワクが止まらない!!

私の音楽遍歴~NO MUSIC NO LIFE!

ちょうど半年前(去年10月半ば)になりますが、Twitterで宇宙ネコさん(@sibuyandam)が企画されていた「私の音楽遍歴 NO MUSIC NO LIFE」というものに遅ればせながら参加させていただきます。ずっと前から「音楽好きとしてはいつかちゃんと自分の音楽遍歴くらいは書いておきたいな~」とは思ってたので、なんとも丁度いい企画。 そんな訳で今回は、僕が今までに生きてきて衝撃を受けた、色んな音楽を好んで聴くきっかけになったスタート地点的9曲を、出会った時系列順に語っていきたいと思います。
f:id:fuurintakino:20170308131841j:plain

○幼少期。人生で一番最初に好きになった音楽の記憶。
MISIA「Everything」

僕の一番古い音楽の記憶はこちら、MISIAの「Everything」。リアルタイムで聞けてた気がするから、いつの曲だったっけ?って思って調べたら、リリースは2000年なんですね!わたくし当時2歳。その年齢でしっかり記憶に残ってるってことは、相当に流行ってたんだろうなぁ。まぁロングヒットだっただろうし、2000年に限らずとも よく色んなところでかかってた気はするけど。
記憶が曖昧なんだけど、昔スマスマのコントでよく使われてませんでしたっけ。ネットで検索かけても一切データが残ってないのでちょっとアレ?って感じだけど。この曲を覚えたのは、そのコーナーがきっかけだったりします。
何よりメロディーが凄く頭に残るんですよね。後にカップヌードルのCMで替え歌が作られてたのも印象的でした。


○小学3年生。衝撃的テクノポップユニットとの出会い。
Perfumeポリリズム

今でも大ファンである大好きなグループ・Perfumeですが、この人たちを初めて認識したのはちょうど10年前、ACとNHKのコラボCMに出演していたのを見たのがきっかけでした。

このCMを見た時点ではまだ「ふーん、こんなグループがいるんだー」くらいにしか思わなかったけど、紅白で歌ってたのでちゃんと聞いてみた時に、「えっ、この曲スゴいな。面白いな。」ってなりまして、小3ながら結構 驚きましたね。(今考えてもホントに複雑で面白い曲だったよな~って思う。こういう凝ったマニア向けっぽい曲が史上最大のヒット曲になったっていうのが興味深いよね。)
Perfumeは後に「ひみつの嵐ちゃん」とかバラエティーによく出てわちゃわちゃ3人で喋ってる姿を見て心引かれて、年々 好き度が深まっていった記憶。(「嵐∞Perfumeです!!」って回とかめっちゃ好きで、録画して何回も見てた)。振り返ればいつもどこかに3人がいて、心の癒しになってたなぁと思います。


○2009年冬、ドラマ好きになるきっかけとなった印象深い一曲。
かりゆし58「さよなら」

松山ケンイチ主演のドラマ「銭ゲバ」の主題歌となった、かりゆし58「さよなら」。これを見たのをきっかけに「ドラマと音楽を同時に楽しむ」という概念が自分の中に生まれ、「主題歌」というものを強く意識するようになり、と同時にドラマを見るのが大好きになりました。あまり多く感想を言える感じの曲ではないんだけど、そういう意味ではとても重要な音楽体験になったな~思います。
ていうかこのドラマ、本当に怖かったなぁ...。一つ一つのシーンが頭に焼き付いて離れないくらいにエグい内容で、小学生にも人気のあった土曜9時枠のドラマとしてはかなり異彩を放っていた作品でしたね。当時、一人テレビに釘付けになって見てました。
ちなみに、この「銭ゲバ」の脚色をした脚本家の岡田惠和さん(近年の代表作:「泣くな、はらちゃん」「最後から二番目の恋」)は、今春から始まる朝ドラ「ひよっこ」の脚本を担当されるため、期待すると共に、桑田佳祐さんの「若い広場」でまた印象的な音楽体験ができそうな予感!


○小5の夏。初めてCDを手に取り、音楽を進んで聴くようになる。
④嵐「Everything」
(偶然にも二度目のエブリシングですが)。

同世代(98〜00年組)の方なら分かると思いますが、2009年、小学生の間で空前の嵐ブームが起きました。3月、映画「ヤッターマン」の主題歌となった「Believe」→5月、ドラマ「ザ・クイズショウ」の主題歌となった「明日の記憶」と、ジワジワとクラスの間で話題になり始め、夏のベストアルバム「All the BEST! 1999-2009」がリリースされる頃にはクラスのほとんど全員が嵐に夢中でしたね。CDを学校に持ってきて見せ合ったり、友達と貸し借りなんかもして。良い時代だったなぁ...。
そんな盛り上がりの中でリリースされたシングルが「Everything」でした。これが本当に素晴らしい楽曲でしてね。CDを手に取って音楽を聴くという楽しさを、この時初めて覚えました。この曲をエンドレスリピートしながら うたた寝してた夏休み。「この夕立の中で一人 振り返り立ち止まることもあるけど 何も恐れはしない」という歌詞は、今聴いても本当に勇気づけられます。イントロのメロディーをなんとなく口ずさんでみるだけで、ふっとあの頃の風の感じとか、心地良さとかが蘇ってくるんですよね~。


○中学校時代、好きになった音楽。
椎名林檎自由へ道連れ

中学校時代は部活(吹奏楽)にどっぷりで 趣味といえば空き時間の読書くらいしかなかった中、唯一ちゃんと耳に入ってきて好きになった音楽、それがこの、椎名林檎さんの「自由へ道連れ」でした。中居くんのドラマ「ATARU」の主題歌となった爽快ロックチューン。とにかくメロディーが耳に残るし、シンプルでカッコいい曲だな~と当時かなり衝撃を受けましたね。
その後 林檎さんは2013年 中田ヤスタカとコラボした「熱愛発覚中」、2014年 NHKサッカーのテーマソングとなった「NIPPON」、2015年 コカ・コーラのCMソングとなった「長く短い祭」と 毎年何かしら、日本の音楽シーンに大きな爪痕を残すような衝撃性の高い楽曲を発表しており、もう注目するしかない!女性ソロアーティストNO.1としてずっと君臨し続けております。


○2013年大晦日。近未来的オルタナティブロックバンドとの出会い。
サカナクション「ミュージック」

2013年の紅白歌合戦、突如 画面に現れた、目映いライトの中でパソコンを前に美しい音楽を奏でる5人組。「なんだこの人達...カッコいい...」と思わずテレビを凝視する...。
その時 披露されていた曲がこの「ミュージック」であり、僕とサカナクションとの出会いはこんな感じでした。とにかく新しくて、近未来だなこのバンド!という衝撃。凄まじかったですね。
高校に入ってから、嫌なことがあった時、不安な時、とにかくずっと聴いてた音楽がサカナクションでしたね。放課後、土手まで自転車を飛ばして 一人で夕日見ながら色々聴いて泣いたのは、今となっては良い思い出です。


○2014年春、人生を変える歌手に出会う。
ケツメイシ「トレイン」

中学を卒業してスマホを所持させてもらえることになり、それからYouTubeで色々と聴いてみたり調べたりするようになって。(Twitterを始めたのもこの頃)。この時から好きになる音楽は基本 後追いになり やがて現在の音楽マニア生活に至る訳ですが、その記念すべきスタートラインとなったのがこの曲、ケツメイシの「トレイン」でした。最初は「しばらくこれといって音楽にハマってなかったし、なんか好きになれるものが増えて趣味になるんならそれでいいかな。」くらいの気持ちだったのですが、段々 自分でも驚くくらいにケツメイシのことが好きになっていきましてね。アルバムを数週間で一気に借りて聴いて、音楽性の高さに驚いたり歌詞に勇気づけられたりして、そんな中 2014年の夏にリリースされたシングル「RHYTHM OF THE SUN」を即購入。これが、僕が人生で初めて購入したCDとなりました。
楽しい時間も辛い時間も いつもそばにはケツメイシがいて、心に寄り添ってくれました。その愛や感謝は本当に語り尽くせませんね...。特に「トレイン」は本当に素晴らしい楽曲で、個人的 人生の名曲ランキング ダントツの1位となっています。


○2015年 年始、時代を彩るエンターテイナーに出会う。
星野源地獄でなぜ悪い

年末年始はのんびりできる時間が多いので ネットを色々と調べて好きな音楽が見つかるという確率がかなり高いんですが、星野源もそういうタイミングで出会いました。
YouTubeで偶然 再生した曲「地獄でなぜ悪い」。この曲の展開とか歌の迫力とか演奏のカッコよさが気になって、凄い歌手がいるもんだな~って思って、とりあえず現時点での最新作を借りてこようってなって「Crazy Crazy/桜の森」を聴いて完全にハマりましたね。その後 新曲を発表するっていうのを聞いて、リアルタイムで星野源の音楽に触れられた初めての曲が「SUN」で、「なんか今までの曲に比べるとかなりシンプルというか、路線変更な感じするけど、どうなのかな?でもなんか良い感じ...」とか思ってたら各方面でじわじわヒットし始めて、年末にアルバムが出たときにそれが「イエローミュージック」というジャンルの音楽を作って開拓しているってことが分かって納得し、そして昨年の「恋」の大ヒット。その名が全国区で売れるヒット前夜から現在の全盛期までの様子を時間の流れと共に過ごせるという、僕の音楽遍歴としてはかなり珍しい体験になったのが印象的でした。


○高2の夏、一生愛し続けたい歌手に出会う。
桑田佳祐波乗りジョニー

「一難去ってまた一難」という言葉があるとおり人生何が起こるか分からないもので、高校2年、再び悩みの窮地に陥ってしまいます。今度こそ本当にどう生きていったらいいか分からない、どうしたら……そう感じていた時、偶然出会ったのが桑田佳祐さんの「波乗りジョニー」でした。桑田さんの音楽は僕に生きる勇気を与え、今までの人生で最大の衝撃と感動をくれました。
そして何よりの財産となったのが、桑田さんのことを尊敬し、応援するファンの方々とTwitterで出会えたことでした。誠実で腰が低くてあったかくて どんな人にも気配りを忘れない、そんな精神の桑田さんが作る「音楽の輪」はどこまでも広く果てしなくて、楽しくて、日々 色々な人と「架空の広場」で繋がれるようになりました。そうして出会えた方達は、もう家族も同然の存在と思うようになりましたね。


○今後はどういった音楽を聞いていきたいか。
大学生になるので、今後は脱・ミーハーという感じで自分が今まで知らなかった歌手の曲も聴いていきたいですね。あと洋楽にもハマりたいです。(とか言いつつしばらくはミーハーかもしれないけど。笑)
音楽を聴くことこそ生きる喜び。これからも思いっきり色んな音楽にお世話になって、元気をチャージしていきたいです!

アルバムレビュー・椎名林檎「加爾基 精液 栗ノ花」〜美しき和と闇の“林檎的文学”を紐解く

久々の記事更新。何を書こうか色々と迷ったんだけど、やっぱり好きな歌手のアルバムレビューを書きたいなということで、今回は椎名林檎さんの「加爾基 精液 栗ノ花」(カルキ ザーメン クリノハナ)について語ってみたいと思います!

が。皆さん、このアルバムがどんな感じのものか知ってますか??
普段とても気になってるんです。このアルバムはどの位の人にどの位の頻度で聴かれてて、一般的にどんな解釈が成されてるのか、なんて。
僕はこのアルバムを聴いたのをきっかけに林檎さんの音楽にどっぷりハマり、以来ずっと勝手な解釈と主観的な感想を抱きながらこの作品を愛聴してきたけど、そういえばあまりこのアルバムの感想って誰かとシェアしたりとかしたことなかったな〜と思って。というか、シェアし辛いよねこれは。はっきり言って、とっても「謎すぎる名盤」なんですよね。てな訳で、今一度このアルバムの素晴らしさを伝えていきたいといいますか、同じことを考えてる方がいたら一緒に語ろうぜ?的なことを思ってます。とにかく、この「加爾基 精液 栗ノ花」という作品はなんだったのか、自分の頭の中も整理して一区切りつけたいところだし。良かったらお読み下さい。
f:id:fuurintakino:20170210214308j:plain



で、まずタイトルなんだけど。凄くないですかこれ。声に出して言うのとか大分 躊躇われるんですけど。「精液の匂いは栗の花っぽい匂いである。」っていうのと「カルキっぽい匂いである。」っていうのを端的に三単語 抽出して、そのままアルバムのタイトルに付けてしまうという。ある意味この上なくロックなことしてますもんね。
…なんてリスナーにやいのやいの言われるのを林檎さんは百も承知で、こうコメントを残している。

「みなさん驚かれますよね(笑)。でも、これって頭文字も“ ksk”ってシンメトリーになっていてきれいだと思うんですけどねぇ。まったく先入観なく見たら、きれいだと思うんですよ。もちろん、文字面としてだけでなく、意味合いとしても美しいと私は思ってる。それを得なければ女性は子供を作れないということを考えれば“精液“という言葉が忌まわしいものとは絶対に思えないし、それは屈辱みたいなイメージとはまったく結びつかないんじゃないですか?むしろ、とても神聖なもの。」
(出典:Weekly『ぴあ』2003年2月24日)

…確かに、そう説明されるととても納得がいきますよね。まぁ、納得というよりは、林檎さんらしくて良いなぁと思う。
(でもさすがにテレビで“精液”って言葉を使うのはまずかったのか、プロモーションCMでは「椎名林檎 三作目 自作アルバム」となっている。…当たり前か。)
D

で、そんなこちらの作品ですが、調べたところによると、林檎さんの音楽活動において重要な、ターニングポイント的作品であったことが分かってきます。
まず林檎さんは2003年このアルバムのリリースから半年後、シングル「りんごのうた」を発表した後にソロ活動を停止。そこから2007年の「平成風俗」の発表まで約3年もの間、東京事変の活動のみに専念してるんです。何をもって「ソロ活動はしばらく、もういいや」という考えに至ったのか。非常に気になるところだけど、このアルバムが林檎さんの活動において、「これから方向性を変えていきたい」というきっかけになったことは間違いないと思うんですね僕は。(勝手な推測だけど)
それで注目しておきたいのが、↓こちらの動画(2004年のアルバム「教育」のプロモーション番組の映像)なんだけど。
(※画面をクリック→ニコ動で再生)
D
4:57〜の「世間が抱く椎名林檎のイメージについて」について本人が語っているシーン。

「そういう仕事なわけだから、もちろん普段から看護婦でもないのに看護婦の格好してなんだっていうような人間では別にないし、普段から拡声器とか持ち歩いてる訳ではないので、そんなの分かりきったことなのに、家に呪文が書いてありそうとか酷いこと言われて。そういうのはちょっと…若干、憤慨いたしまして。」

↑それを言ってる間 亀田師匠は呑気にワハハハwなんて笑ってるけど、林檎さんは結構 真剣で。確かにデビュー当時からとっても奇抜なことをやってこられたし、世間から色々言われるっていうのは当たり前だったと思うしずっと堂々と色々なことをしてきたって思ってたんだけど、実は「人からどう想われてる」とか気にしてた時期があったんだなっていうのは、ちょっと意外だよね。あとネットで見た出どころの分からない情報なんだけど、後に東京事変の楽曲制作中にメンバーの伊澤一葉と意見がかなり対立して初期(〜2003)の作風をキツイ言葉で非難されつつも、それから色んな吟味を繰り返しながら彼女の作風が年々ポップな方向に変わっていったという噂も。(真偽不明)
で、途中説明が長くなったけど。そう考えるとこのアルバムは、「ターニングポイントとなった作品」と言わずしてなんと言おうか!って感じなんですよ。

それでは一曲一曲の詳細に迫っていこう。
まずは全曲を一覧にして、↓ジャン。

宗教
ドツペルゲンガー
迷彩
おだいじに
やつつけ仕事

とりこし苦労
おこのみで
意識
ポルターガイスト
葬列

先ほど『ぴあ』の引用でも出た言葉だけど、こちら、曲順が「シンメトリー」になってるんですよね。「茎」を中心にしてキレーーに上下対称。林檎さんのアルバムではこの手法は割と行われてるけど、やっぱりこのアルバムが一番 完璧な「名シンメトリー」だと思う。
そして、総合収録時間はピッタリ44分44秒という縁起の悪さ全開、奇跡のゾロ目。スッゴイな。拘りがハンパじゃない。

↓全曲レビュー。↓
【 壱、宗教(伍分捌秒)】
一曲目は、「宗教」。もうこんなタイトルを聞いた時点で「なんだ…?」って不思議な好奇心と少しの不安が沸いてくるけど、実際に再生するともはや想像を絶する世界が広がっている。
開始早々、オーケストラの「ジャーーーーーン!!」という大音量のメロディに、加工ボイスで始まる「誰か僕に美味いお菓子を」〜♪という歌詞。正直言いますと、これ、めちゃくちゃ怖い(笑)。家で1人の時に聴こうとすると最初の部分でゾワッとして後ろに“何か”の存在を感じるので、なるべく1人では聴かないようにしてます。その位の、衝動的インパクト。でも、この雰囲気がまた たまらないんですよね。やはり好奇心の方が勝つんです。怖いもの見たさ的な。独特の世界観にズブズブと入っていきたい、という。
まずこれ、何を言ってる曲なんだ?って。スペシャル級に研究のしがいのある内容なんですが。もちろん「宗教」についての曲であることに間違いないんだけど。
『「待て」「伏せ」「不可解でも崇め(あがめ)行け」「病むな」「憎むな」「見ろ」「嗅げ」「不愉快でも味わいしれ」「覚悟を決めろ」』
ってこの歌詞を見てると、何か酷く恐ろしいものに必死で立ち向かってるって状況が伺えるね。それが一体何を意味するのだろうか…?このアルバムを聴いていけば分かるってことなのかも?

【貳、ドツペルゲンガー(參分肆拾陸秒)】
「ドツペルゲンガーといったら作家→作家といったら温泉」という発想で、温泉で歌入れをしてしまったという曲らしい。
この曲は比較的分かりやすいね。ゴーストっぽさが追究されてて、それにプラス「晩餐会」っぽいお洒落なダンス会場っぽいのを連想できる。ほんと毎年ハロウィンには、街中でこの曲が流れないかなぁ、なんて1人で思ってます。
「楽にしてあげる」〜♪ 「取り憑いてあげる」〜♪なんて恐ろしいことを言ってるけど、若干のエロさを感じてしまうのは僕だけか?(笑)

因みにこの曲 都市伝説があって、逆再生をすると色々とヤバイものが聞こえるとか聞こえないとか。詳しく知りたい方は↓こちらのページを御覧になって?(*´-`) (林檎さん風)

【參、迷彩(參分肆拾肆秒)】
きました大名曲!後に2007年の「平成風俗」などで演奏が豪華になった素晴らしいパワーアップを遂げるんだけど、これはその進化前が聴ける貴重な音源。
「ねえ一層遠く知らない街に
隠居して沈黙しませぬこと?
こんな日々には厭(あ)きたのさ
ねえどうぞ攫(さら)って行って」
これは駆け落ち、ですかね。ワクワクが止まらない絶妙な歌い出し。
演奏の聴き所はスバリ、バイオリンとドラムの混ざり合い。ホントに相性バツグン。日本の音楽でこういうものが聴けるのは本当に唯一無二じゃない?ってくらいに独特な、これぞ椎名林檎の世界!とも言うべき名曲です。
実はこの曲を歌詞の通りにそのまま具象化したような物凄いPVが存在するんだけど、DVDにしか収録されてないため視聴は非常に困難である。(動画探したけど無かった…)

【肆、おだいじに(參分壱秒)】
精神的に疲弊した人の気持ちを吐露した曲。歌詞が古文体になってるから一見難しく感じるけど、曲を聴けばすぐに色々な感情のうねりが伝わってくる。囁くような、優しく包み込まれるような歌声と、押し殺したような、それでいてピリピリと火花が散るようなギター音が印象的。「治癒」が目的の曲だけど、「快方」に向かってるって伝わってくるのが良いね。
「手にする貴さ 出来ぬ尊さ
覚えた儘 内緒の地圖で雨の中を出掛けやう
背中を濕らすのは赤い疑念 辛い罰
憂き世に居た堪れない悲劇が溢れたとしやう
大人だから今日はまう唄ふ位 笑ふ位許してね
守るものは護るさ」

【伍、やつつけ仕事(伍分捌秒)】
今作では最もポップで、かつ歌の流れにノリやすい曲。最初にニュースが流れてる音声から始まり、その後に掃除機をウィーーーーン…って動かす音が!!
本当に発想が凄いよね。「あっ、この曲歌い出し前に掃除機の音が入れた方がいいな。」なんて、どういう思考回路をしてたら思い付くのだろうか。マジ一番最初に聴いた時「このCDプレーヤーバグった!?」って慌てたもん。でもこういう遊び心に慣れてしまえばホント「林檎ヲタ」への世界にズブズブはまっていきますからね。奥が深いです(笑)。
前の曲に続いてこちらも色々な意味で「疲弊」が関係してくる曲だけど、重低音とリズミカルなオーケストラのサウンドに癒されて、聴いてて非常に元気が出てきますね。満員電車の中で聴くと結構イイ感じ。押し潰されそうになりながら、(今日は何曜日〜だっけ〜♪然して問題じゃ〜ないか〜♪)なんて。

【陸、茎(參分伍拾秒)】

今回唯一となるシングル曲(の、日本語歌詞バージョン)。この曲を軸としてアルバムを制作していくことを決めてたということで、この中で最も重要な役割を果たしてると言える。
この曲の考察はですね…ごちゃごちゃと勝手に推測するよりも、先程のようにちゃんと雑誌のインタビューから引用した方がいい気がする。ということで↓こちら抜粋。

「この曲には、朝から夜が更けるまでというイメージもあるんですけど、さらに、生まれてから死ぬまでの流れの中で一番、無我夢中で生きる年齢に差しかかってるイメージがある曲なんですよ。ある意味、人生の中のピークというか、ただ人間らしくイキイキしてる部分というか。それで真ん中なわけですけど、だからといってこの曲だけが特別なわけではない。あくまでも、大きな流れの中の1曲ですね。生まれて、だんだん周りのものが勝手に過ぎていく世代へと成長し、死へと向かっていく過程を表現したかったわけですから。」
(出典:Weekly『ぴあ』2003年2月24日)

…なるほど。深い。大きな流れのなかの、人生のピーク=「茎」…そう考えると確かに、それ以外にほかの言葉が当てはまることなど考えられない、この上なくピッタリと一致するタイトルだものね。こういう、確固たるテーマがあって、作りたい音楽があって、それを具現化させようと思い立って実現出来ちゃうって、本当に素晴らしいことだと思う。やっぱり音楽家って凄い職業だなぁと改めて思ってしまいますね。。
そしてこの曲、「其の塔なら崩れない」「大事な生命 壱ツだけ だうか持つていかれませぬ様に」という歌詞から分かるように、2001年のアメリカ同時多発テロ事件を強く意識した曲なのだそう。胸が苦しくなるような歌い出しと、一変して魂を捧げるような安らかなサビ部分、そして力強く行進していくような間奏部分。その一連の展開に凄く圧倒されます。

「泣いたり惑ったり致しませぬ。立ったら二度と倒れないから。」

【漆、とりこし苦労(貳分參拾陸秒)】
ボイスパーカッションと、それに混ざり合う民族楽器の音が印象的な曲。イヤホンで聴いてると、次々に左右から違う楽器の音が聞こえてくるのでとっても楽しい。思わず体を揺らしながら聴いてしまう。
そして、聴きながら いつも↓この動画を思い出してしまうんだよね。

こちら、2003年8月リリースのDVD「性的ヒーリング〜其ノ参」の特典映像で キャラクターの「林檎ちゃん」がこの「とりこし苦労」を歌うシーンがあるんだけど、それが凄い印象に残っちゃって、この曲聴くとまず「林檎ちゃん」の姿を思い出すようになってしまったのです。とってもシュールで面白い映像なのでお時間ある方は是非ご覧ください。(笑)
(ちなみに超 蛇足な情報だけど、この動画のニコ動にある方で見苦しい字幕コメントが出まくってるのがありますが、それは僕の仕業です。「なにこれ?(怒)」って思われた方、本当に失礼いたしました(笑)。)

【捌、おこのみで(伍分肆拾伍秒)】
シンプルなピアノとギターとドラムの音が光るクールな楽曲。メロディの系統とか曲の世界観の感じが割と近年の作風(林原めぐみに楽曲提供してる「薄ら氷心中」「今際の死神」とか、今年すでに話題になってる松たか子✖️満島ひかり✖️高橋一生✖️松田龍平の「おとなの掟」)に近いかもしれない。
「『愛する人は貴方だけ』
是がたつた一時の真事(まこと)で痛くもない
剥いではまた塗つて載く爪(ネイル)
『愛と謂う言葉は不要です』
いとも容易に濡れし此の色目を新しく演出して さぁ何方でも
…お好きな様に」

【玖、意識(貳分肆拾伍秒)】
「迷彩」と対になる曲。
わぁ、怖いイントロ!
ファッ?!Σ(゜Д゜)
と思いきや歌い出しの声が優しくて
ε-(´∀`*)ホッ...
としたのも束の間、サビに入る前に
「うーそーつーくーなーよ( º言º)」
とか言われて
キャ━━━(艸;Д;il!)━━━ァァ!!!
ってなります(笑)。
間奏部分のカンカンカン!っていう中国っぽい音が印象的。歌詞は「心中」がテーマだそうで、全体的に物騒な雰囲気が漂ってますね。まぁこの曲に関してはそんな深入りしなくていいかな。

【拾、ポルターガイスト(參分肆拾壱秒)】
踏切の音と、通り過ぎてゆく列車の音から始まる。いや、「ポルターガイスト」ってタイトルで踏切の音入れるとかなんか不気味すぎるでしょ…怖い曲なのかな?と思いきや、こちらは正真正銘 優しい曲。
タイトルの意味を考えると分からなくなってくるけど、多分 霊的な何かというよりは、そういう言葉に置き換えた愛の形、とかそういう歌なのかもしれない。ちょっと解釈が難しいんだけど、いまネット見てたら2ちゃんで凄い良い投稿を見つけたのでそのスクショを載せておきます。

f:id:fuurintakino:20170212142556j:plain f:id:fuurintakino:20170212142704j:plain

うん。こういうことなのでしょうね。いやー、こういう風に分かりやすく解釈を書いてくれると非常に有難いですね。(丸投げですみません(笑))

「君と君がくれた思い出はどんなに時間がたっても、
僕には綺麗で美しくて輝いて見えるんだ」

良いねぇ。この切なさ、愛しさ。メトロノームの音が紡ぐ美しい演奏に包み込まれる、この感じ。とっても好きです。

【拾壱、葬列(伍分拾貳秒)】
さぁ きました!大本命!!邦楽史に残る不思議曲と言っても過言ではないくらいハイパー存在感を放つ曲。今回 記事のタイトルにつけている「“林檎的文学”を紐解く」っていうのも、この曲の謎を解明したかったからで。
まずこの曲の内容に触れる前に一番言いたいことを言いますが。
ラストが!!!!
怖いんです!!!!!!
最後、今までの全ての思いが溢れ出たような凄まじいサウンドと共に音量が勝手に上昇↑↑ 爆音に成り代わったその「音」は噴火を続けながらそのままブツっと突然切れてフィニッシュ!という。聴いたことない人には何を言ってるのかサッパリ分からないと思いますが、つまりそういう恐ろしい要素を含んだ曲なんです。
音量注意!兼、怨霊注意!ですよ。
なんか、スッゴイ不謹慎な例えだけど、お墓があって、そこにダイナマイト置いて爆発させて、鎮まっていた霊達が一斉にブワーッ!って出て来て そこにマイクをスッ…て添えた時に録音されてた音みたいな、ラストの音は本当にそんな感じ。
林檎さんは一体そんな音楽を作って何を言いたかったのか?それこそがこのアルバムの結論であり、全ての答えだと思うんですが。

歌詞。
『(略)〜 亡骸に弁護は不要…
何處にも桃源郷が無いのなら、お造り致しませう。
・生むで廃棄する勇氣
・空を斬つてゆく庖丁(ナイフ)
・今日、胎盤、明日
僕を食しても植わらない理由は「渾(すべ)て獨りぼつちだから」。
偖(さて)は、こんな輪廻と交際をする業が、
お嫌ひなのでせう、当然です。
未だ何の「建設も着工」してゐない、白紙に還す予定です。
お顔を。さあ、拝見させて下さい。』

「白紙に還す予定です。」…これって、自殺みたいなものだよね。
死んで、新しい自分に生まれ変わるのです。そう決意してるんじゃないかな。そんな解釈で良い気がする。
本人から語ることはないけど、きっと「違う自分になりたい」とか吐きだしたい、叫びに近い思いがたくさんあって、それがこの作品で色々な形に変化して、言霊となって、ラストの爆音のように溢れ出したんじゃないかな。それが独特の古文体になって、一つの、「一大絵巻」のような文学作品「加爾基 精液 栗ノ花」が生まれたんじゃないかな、って。
そう考えると、いまや世界から注目されて活躍している彼女の姿はより一層輝いて見えるよね。

…でも、まぁ、林檎さんってこういうリスナーに色々と解説されたりするのとか結構 嫌がるもんね。こんなところでいいかな、レビューは。…って今まで書いてきた記事の方針を全否定するような終わり方になっちゃうけど(笑)。
でもホント、全部ひっくるめて言うと、本当に遊び心が満載で素晴らしいアルバムだよね。話題にしたいトピックが次から次へと溢れ出てくる。こういうのが正真正銘、本当の名盤なんだよね。やっぱり椎名林檎さんは偉大な方なのである。
f:id:fuurintakino:20170212135808j:plain f:id:fuurintakino:20170212135845j:plain
ということで、このアルバムを聴いたことがない方は是非聴いてみてください!オススメです。聴いたことがある方は、最初にも言ったけど、一緒に語りましょう!コメント等々お待ちしております。
では長くなりましたが、これで終わります。ここまで読んで下さった方はありがとうございました!!

#ベストソング2016 ~今年好きだった音楽を振り返る。

Twitterで年末恒例の「今年の音楽シーン総括」タグ、「#ベストソング20xx」。
今年2016年は語りたいことが多すぎたので、記事に致しました!レビューというよりはただひたすら愛を語ってるだけ、みたいな感じになりますが、よかったらお読み下さい♪
f:id:fuurintakino:20161211162642j:plain

宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎

今年の音楽ニュースのトピックとして最もビックだったものはやはり「宇多田ヒカルの復活」であり、そんな彼女が椎名林檎と14年ぶりとなる共演を果たしたことであろう。個人的には今年1月に宇多田ヒカルという人の音楽に初めてちゃんと触れてハマり、過去5作のアルバム+ベストアルバムを聴きまくっていた矢先に4月「宇多田ヒカルが6年ぶりに活動復活」というニュースを聞き、「マジか、めっちゃタイムリーじゃん!!応援するしかない!!」と一人盛り上がり、配信曲で朝ドラ主題歌であった「花束を君に」とNEWS ZEROのテーマソング「真夏の通り雨」を早速購入、変化球かな?、いいぞこれ...なんて思いつつ繰り返し聴いていた矢先、夏に「9月に8年ぶりとなるアルバム発売」のニュースを聞き......ということで、まさに「THE・宇多田ヒカルの年」と言っても過言ではないイメージの2016年となった。
f:id:fuurintakino:20161211155316j:plain
そしてアルバム「Fantôme」は僕が人生で初めて購入したアルバムCDとなり(今まで機会がなくてアルバムは買ったことがなかった)、「母の死」を語った一つ一つの楽曲の力強いメッセージに心を動かされ感動し(←そこのところはあまりうまく言い表せないし軽々しく言えないが)、とても思い入れのあるものとなった。そんなアルバムに収録された一曲が、「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」。もうね、大好きな林檎さんとあの宇多田ヒカルがコラボするってニュース聞いた時ね、嬉しすぎて昇天しましたよ(笑)。もうわけがわかんなかった。この2人がどんなデビューを果たしどんな風に仲良くなって(EMIガールズのこと)、これまでどんな歌手生活を送ってきたかっていうのは、音楽ライターの宇野維正さんが執筆した大ヒット本「1998年の宇多田ヒカル」を読んでたので理解しててですね、宇野さんの「ずっと応援してきたファン目線」での丁寧な研究ぶりに興味を持って、この2人が再びコラボする時が来たならば全国の音楽ファンはどんなに嬉しいかっていうのが事前に分かってたわけですよ。その矢先でのコラボだから、もう歓喜で包まれた伝説の楽曲となったというか、その事実だけでもう完結していたというか。美しく響く2人の声と次第に盛り上がる演奏の音、素晴らしい曲です。
f:id:fuurintakino:20161211155348j:plain f:id:fuurintakino:20161211155402j:plain
「お伽話の続きなんて誰も聞きたくない
優しい日常愛してる
けれど スリルが私を求める」


②嵐「Daylight」
いやー、ほんと久しぶりに嵐にハマったわ。ということで今年好きだった曲2位にランクイン。楽曲は、4月クールのTBS日曜劇場「99.9 -刑事専門弁護士-」の主題歌となった「Daylight」。

f:id:fuurintakino:20161211155623p:plain

自分とてもミーハーでして、ドラマが面白いと主題歌も好きになるパターンが多かったりするのですが、今回もそういう経緯でして。ドラマ「99.9」が本当に面白くて、主題歌のCDをちゃんと借りて聴いてみようと思って。小学生~中学2年の時くらいまで嵐にハマってて、それ以来あまり聴いていなかったのでかなり久しぶりだったんだけど。思ったのは、「しばらく聞かないうちに、この人たち、大人になったな~」ということ。(上からな言葉ですみません(^^;) この曲には2012年の「Face Down」以来4年ぶりとなる「シングル曲のサクラップ(櫻井くんのラップ)」が入るんだけど、どこか2004年の「PIKA★★NCHI DOUBLE」の頃のような雰囲気の「原点回帰 的要素」があったり、2009年の「Believe」の頃の勢いもあったりと、これまでのシングルの集大成のようなものが感じられたんだよね。曲の後半の盛り上がりも良くて、ドラマで描かれた「冤罪事件(悲しい現実)に立ち向かう」というテーマにも沿ってて、凄く良い曲だなぁと思いました。
(↓ツイートでもまとめてた。)

プラス、両A面のシングル曲として収録された「I seek」もめちゃくちゃ良い曲で、かなりハマったな(そっちがベストソングでも良かったくらい)。今年は山下達郎×竹内まりやが楽曲提供の「復活LOVE 」とか、リオ五輪のテーマソングとなった50枚目シングル「Power of the Paradise」とか、15枚目となるアルバムのリリースとか、色々とトピックが多く、嵐には久々に特別な想いを感じる年だったな。これからも「全員仲が良いグループ」として頑張っていってほしいなぁと切実に思う...。
f:id:fuurintakino:20161211155712j:plain
「誰か泣いてる
痛み抱いてる
道がいまは開いてる
“believe in myself”
未来へ誓って
過去が未来を照らしてく」


スピッツ「こんにちは」
3年ぶりのアルバム「醒めない」が大きな話題を呼び大ヒット。とにかく周りで聴いてる人の評判が良かったので、自分も聴いてみようかなーってなってCDを借りてみたんだけど、これがスッゴい良くてビックリ。
f:id:fuurintakino:20161211155740j:plain
正直今までスピッツはちゃんと興味を持ったことがなかったんだけど、このアルバムはめちゃくちゃ良いな!と思った。しっとり聴かせる系アリ、カッコよく盛り上げる系アリ、泣ける系アリ(←稚拙な表現で申し訳ない!上手く言えないんですが)、どれもこれもジャンルに富んでて、もう本当に良すぎて、ベストソングを一つ選ぶのが大変だった(^^; そんなこんなで、代表して一番最後に収録された楽曲「こんにちは」を選出。全部で2分20秒という短い曲だけど、その間に「暗い日常のなかで見つけた希望の光」「生きる喜び」「確かな幸せを噛み締める」というテーマがギュッと詰まってて感動。今後も聴き続けていきたい一曲ですね。
f:id:fuurintakino:20161211155759j:plain
「心に生えた足でどこまでも
歩いて行けるんだと気がついて
こんな日のために僕は歩いてる
おもろくて脆い星の背中を」


ケツメイシ「カラーバリエーション」

今年はケツメイシ、デビュー15周年の年!!ということで、ダブルA面、トリプルA面などで収録されたCDなどが立て続けにリリースされシングルの楽曲がこの1年で計6曲にも及び(!)、プラス、超待望の10枚目アルバム「KETSUNOPOLIS 10」もリリースされ、日産スタジアムにて15周年ライブも行われるという、これまでの活動のなかでも異例中の異例である「大サービス年」となりました。 ほんと勢いが良すぎて、来年はCDを1つも出さなくなっちゃうんじゃないか??と心配になるくらい(゜_゜)。ファンとしては嬉しい悲鳴を上げてしまう2016年だった。
そんな沢山リリースされた楽曲のなかで僕が選んだのは、テレビ朝日金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ!~ 総理の料理番~」の主題歌となった「カラーバリエーション」です。この曲、久しぶりに色々と凝った要素が詰まった「巧みなケツメイシ」が聴ける一曲だなーと思って凄くハマった。ドラマの方では、この曲を剛力彩芽さん率いる豪華俳優陣が踊るってシーンがあるんだけど、それには凄く感動したな。
f:id:fuurintakino:20161211160414j:plain
あと余談だけど、この曲が収録されたシングル「ヤシの木のように/カラーバリエーション/君との夏」のCDジャケットが、海の背景のなかに女性のお尻(ケツメイシだけにケツ?)が隠れてるっていう凄い凝ったものになってるのね。
f:id:fuurintakino:20161211160435j:plain
で、「面白い素敵なジャケットで気に入ったのでアイコンにさせていただきます!」ってTwitterで呟いたら、なんと、そのツイートにお尻のモデルの方から「ありがとうございます」って返信がきて!Σ(゜Д゜) めっちゃビックリした。なんとも嬉しい体験だった...。
そういうこともあって、「カラーバリエーション」は思い入れのある楽曲と呼べるものになったな。「僕らはコピーじゃなく 唯一のオリジナル」という歌詞から分かるテーマ、「一人一人の人間を尊重していこう」というメッセージ...素晴らしい。これからのケツメイシにも期待していきたい。
(↓詳しい感想はこのツイートにまとめているので、こちらも読んで頂けると幸いです!)


f:id:fuurintakino:20161211160530j:plain
「誰にもすぐ付けないで白黒
見つけて 眠った色に魅力を
磨けばそれは光帯びてく
心通えば虹も伸びてく」


サカナクション「多分、風。」

ついに来た!!「新宝島」以来 約1年ぶりとなるサカナクションのニューシングル。この曲は春の「ANESSA」のCMソングになっており、夏にシングル発売が決定してましたが、「本当に完璧だと思えるものを皆さんにお届けしたい」と異例の発売延期を発表。そして熟成を重ねに重ねた結果 10月末のリリースとなった、本当に待望の一曲!
完成時 山口一郎さんは、「やっと完成させることができました。1年以上、この楽曲のアレンジや歌詞を考え続けてきました。本当、この曲のためのバンドなんじゃないか、と思いました(笑)」とコメント。本当に、リアルタイムでここまで制作過程を知ってて、完成するのを待ってから聴ける曲なんて初めてなので、心から感動してしまう。確実に今までのサカナクションの曲のなかで一番手が込んでるし、最高傑作と言ってもいいくらい素晴らしい。曲調はイモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」をイメージしたということで、←細野晴臣プロデュースの曲=でYMOとの共通点も挙げられる、現代にて再現された80年代テクノが瑞々しく耳に響く。タイトルは勿論、サビの歌詞にある「やや」「熱い視線」という少し矛盾した表現から伝わる、ドキドキと胸の鼓動が早まるような恋心を表しているあたりも秀逸。
年々確かな進化を遂げているサカナクションは来年でデビュー10周年!。これからもついていきますよー!よろしくお願いします!!と言いたい。
3月に出る予定のアルバムも楽しみですね!
f:id:fuurintakino:20161211160506j:plain
「風走らせたあの子に やや熱い視線
焦らせたこの季節に連れてかれたら」


星野源「恋」

先程ドラマとダンスのことについて触れたけど、それが今年最もメジャーな部分で話題を呼んだのがこれだね。ガッキーこと新垣結衣さんの「恋ダンス」!!
f:id:fuurintakino:20161211160623j:plain
あまりの可愛さにネットは大騒ぎ。即刻TBS公式YouTubeダンス動画をアップ→再生回数上々、という一大ムーブメントに。いやぁ、こう言っちゃなんだけど、スタッフはほんとうまいこと考えたものだね。今 人気絶頂の歌手・星野源を主題歌にエンディングをガッキーに踊らせるって。テレビ×音楽の相乗効果。もう売れる予感しかしないじゃないか...!(>_<;)
まぁそれは置いといて、曲の感想に移ろう。これはTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」主題歌となった、「SUN」以来1年半ぶりのシングル。昨年末のアルバム「YELLOW DANCER」で煮詰めた「イエローミュージック」の世界観を見事にパーン!と華やかに放ったものだと思う。中国の音楽っぽい独特のイントロから次第に盛り上がるこの感じ、人を惹き付ける要素満載。やっぱ星野源って凄い人だなぁと改めて思いました。
f:id:fuurintakino:20161211160649j:plain
「恋をしたの貴方の
指の混ざり 頬の香り
夫婦を超えてゆけ
二人を超えてゆけ
一人を超えてゆけ」


⑦水曜日のカンパネラ「雪男イエティ」
今年水カンは、待望のメジャーデビューアルバム「UMA」を発表。これがまた癖の強い楽曲揃いの作品で。後から後からハマりだす曲が多かったのですが、結果的に一番好きだったのは「雪男イエティ」かな。
f:id:fuurintakino:20161211160715j:plain
てことでコムアイがスマスマでこの曲を歌った時の画像をペタリ。今年の音楽ニュースのトピックで最も大きなものといえば、言うまでもなく「SMAP解散」のことだろうね。12月31日には解散...信じられないようなことだけど、ついに起きてしまう出来事。そんな中 放送されたスマスマの映像は貴重だった。ちょうどこのパフォーマンスの時テレビ付けてたんだけど、とても衝撃的だった。このセット凄い、皆カッコいい!って思って。もう5人のこんな姿、一生見れなくなっちゃうのかな...って思うとなんか寂しくて。来年以降もきっとこの曲を再生するたびに、SMAPの5人が歌った姿を思い出すであろう。 そんな訳で、思い入れのある一曲となりました。
f:id:fuurintakino:20161211160740j:plain
(↓歌詞にサザンオールスターズのオマージュが入ってるのも良い。)
「南風 Do Yeah
カリフォルニアドリーミン
いなせなロコモーション
そんな俺はイエティー」


平井堅「驚異の凡才」
最初の方で、今年は「THE・宇多田ヒカルの年」と言ったけど、個人的には同時に「THE・平井堅の年」であったことも書いておきたい。今年はほんと、ずっと平井堅聴いてたなぁと。自分でもビックリするくらいの驚異の再生頻度...てか毎日かかさず聴いてたかも。1月にアルバム「FAKIN' POP」を借りてハマって、ベスト借りてきてさらにハマってずっと聴いてて、裏ベストの方にも同時にハマって、で、5年前のアルバム「JAPANESE SINGER」にはもう「一生忘れない人生の名盤」と呼べるくらいハマって、そんななか今年の最新アルバム「THE STILL LIFE」がリリースされて、それにもめちゃくちゃハマって、ハマり続けて...うん。全体的に、平井堅にハマりまくってた。
(↓...という感じのことは確かこちらの記事で語ってたはず。) で、ニューアルバム「THE STILL LIFE」から「驚異の凡才」がランクイン。
f:id:fuurintakino:20161211160812j:plain
このアルバムね、最初聴いた時、正直「癖が強すぎて全然好きじゃないなー」と思ったんですよ。なのに、後からジワジワとハマりだして、だんだん聴かずにはいられなくなって。自分でも驚いた。なんだろうね、この不思議な中毒性。彼(平井堅)は、「後からジワジワハマれるような曲」っていうのを完全に計算して創っているのだろうか。インタビューで「僕はヒット曲が創りたいんです」とも語ってたし、あり得ないことではない。恐るべし平井堅。......っていう感想を抱く代表となったのがまさにこの曲、「驚異の凡才」です。この曲、歌詞カードがほとんど伏せられてて何を言っているのか分からない部分が沢山ある、というナゾだらけの曲。でも不思議な魅力を感じて、ワクワクが止まらない。
(↓で、その歌詞についての研究はこちらの方の記事がとても参考になったので、これを貼らせていただきます。) 自分CDはあまり買わない主義だけど、本気でこの人のアルバムにならいくらでもお金使ってもいいなと思った。それくらいに魅力が凄い。5年後かいつだか分からないけど、次のアルバムを出すときがめちゃくちゃ楽しみです。
f:id:fuurintakino:20161211160857j:plain
「そこのけそこのけスマホ
履歴で歴然僕歴史
並んで満たすよ経験値
あなたの勝ちですか?」


椎名林檎「ジユーダム」
今年の林檎さんのベストソングは夏の終わりに配信された楽曲「ジユーダム」なんだけど、その前に一言。いやー!!今年の林檎さんはスゴかった!!!マジで。CDのリリースは一枚もなかったものの、ファンが今までで一番驚いて、楽しめて、さらに好きになれたという、そんな活動をしていた1年だったと思うのです。まず一番衝撃的だったのは、先に述べた通り、宇多田ヒカルとのコラボ。そして、もう一つは リオ五輪閉会式にて音楽を担当していたこと!アルバム「日出処」に収録されている曲「ちちんぷいぷい」、その他ファン人気曲を全世界に発信したんですよ。
f:id:fuurintakino:20161211160931j:plain
こんな嬉しいことってありますかね??日本中どころか世界中の人たちが林檎さんのアルバム曲を聴くことになるって。素晴らしすぎる...!そしてリオパラリンピック閉会式では、ピチカートファイブの楽曲「東京は夜の七時」を「~リオは朝の七時」と付け足して改題し、希望が沸くような歌詞に書き換えて 元・東京事変浮雲が披露。こちらも、ピチカートファイブのファンでもある僕としては死ぬほど嬉しかった。

(※参考その①。NHKの動画は他のページに貼って再生をすることが出来ないとのことなので、URLだけ貼っておきます。)
○「リオ五輪閉会式・トーキョーショー」→ https://m.youtube.com/watch?v=sk6uU8gb8PA
○「パラリンピック・東京プレゼンテーション」→ https://m.youtube.com/watch?v=78Nhl85_wIY

(※参考その②。「東京は夜の七時~リオは朝の七時」の歌詞について研究した方の記事がとても良かったので、誠に勝手ながら貼らせていただきます。)

そして極めつけは!そんな中リリースされた配信楽曲「ジユーダム」にてなんと、演者として東京事変の5人が復活していたこと!!
f:id:fuurintakino:20161211160952j:plain
もうさ、事変 正式に活動再開ってことでよくないですか??ダメなんですかね??これについては今回 林檎さんは一切コメントしておらず、謎はベールに包まれたまま。まぁ、そういうところがカッコいいから良いんですけどね。
NHKガッテン!」のテーマソングとなった本作は、人々を優しく勇気づけるような直球応援ソング。ピッタリ3分間で終了するため、新たに「幸福的三分間」とでも読んでみたいと思います。とりあえず今は、アルバムの発表をする時が楽しみすぎますね。嗚呼、幸せ。
(↓ジャケットにはバッチリ東京事変のマークが入っている。)
f:id:fuurintakino:20161211161016j:plain f:id:fuurintakino:20161211161029j:plain
「ありがとう
果てしのない此の世に宙ぶらりん
酸いも甘いも全部知り尽くしたい
嗚呼一層 愛し愛されて食べて飲んで
気持ちいい美味しいトンチ
生きてりゃもう御の字」


桑田佳祐「ヨシ子さん」

やっぱり今年2016年の音楽を語るなら、この曲は欠かせないでしょ。色んな意味で邦楽史に残る名曲となった、「ヨシ子さん」。
今年2月に桑田さんはめでたく還暦を迎えそれを祝うプロジェクトが展開(これはかなり盛り上がった!)、そのままの方向でソロ活動に入り。4月頃からニューシングルに収録予定の曲が次々と発表、その後A面になる予定の曲が「ヨシ子さん」という題名になることが決定し(←最初めちゃくちゃビックリしたよね~(^^;) そして少しずつ曲の詳細が明らかになっていき...この一連のプロモーション、とてもワクワクしたな。(Twitterでは「ヨシ子さん川柳」なんてのが現れたり。) 歌番組での披露が始まるとジワジワと話題性も広がっていき、歌詞は色々な要素で溢れてて、民族的な独特のメロディとフレーズ「チキドンチキドン」、と、それだけでも凄まじいインパクトなのに、加えて、どぎついセット、訳の分からぬ派手なダンサーたち...一生忘れないくらいの強い印象を残したと言っても過言ではないくらい、ヤバかった。かなり限られた期間ではあったけど、日本中が「桑田佳祐」という人物に改めて興味を持った、そんな初夏だったと思う。ていうかほんと、いつもいつもこのお方は偉いことやりよるわ~。タハハ。(←誰だよ)
f:id:fuurintakino:20161211161053j:plain
ちなみに僕は桑田さんのCDをリアルタイムで買うのが初めてだったということで、凄く良い思い出になった。「大河の一滴」「愛のプレリュード」「百万本の赤い薔薇」も収録され、プラス 熊本 女川ライブの音源まで入って、大満足のシングルCDとなった。今年は映画「金メダル男」主題歌の「君への手紙」までリリースされてるし、久々に「桑田佳祐」をたっぷりと堪能できた良い年でした。
来年はソロデビュー30周年!!!
期待ですね。
f:id:fuurintakino:20161211161113j:plain
「真夏の太陽 スゲェ High!!
最近はエロが足んねぇ Why
笑ってもっとベイビー Smile!!
ニッポンの男達よ ヤッちゃえ ほい」


くるり琥珀色の街、上海蟹の朝」

くるりは今年、デビュー20周年! この記念すべき年に発売されたのは、ベストアルバムの発表に先立ってリリースされたEP「琥珀色の街、上海蟹の朝」で、こちらはその表題曲。これ最初聴いて凄いビックリしたんだけど、サビまではラップで構成されてるのね。バンドの曲でラップが入るってあんまり聴いたことないからめちゃくちゃ新鮮っていうか、どう考えても新境地すぎる。(今年はラップがブームの年でもあったわけだし、流行にも見事に乗っかってるんだよね。)
スローでお洒落なメロディに乗せて放つ、疲弊した心を解きほぐしていく魔法のラップ詞、だんだんと盛り上がる曲調。そしてサビで「上海蟹を食べる」というテーマを提示して、よりハッピーでクールな結論(?)に持っていくという。「なんだこれ!?」感が凄い。中毒性が非常に高く、聴かずにはいられない楽曲。個人的に、くるりには2年前の「THE PIER」くらいから「誰にも真似できないような凄いことを常にやってるバンド」って認識になって割と毎年注目してたんだけど、ついに来たな、最高傑作!!と思いました。これからも楽しみです。
f:id:fuurintakino:20161211161135j:plain
「ずっと泣いてた 君はプレデター
決死の思いで 起こしたクーデター
もういいよ そういうの
君はもう ひとりじゃないから」


⑫Awesome City Club「Vampire」

3年前に結成された、「現代のシティポップ」として話題沸騰中のバンド、 Awesome City Club。僕はある日 深夜ラジオを付けてたら、偶然この曲が流れてきて...っていうのがきっかけで出会いました。ボーッと夜中にラジオつけてて、この曲が流れてくるのを聴いて「どこかのアイドルの曲なのかな~。いい感じの曲だな。あとでググろう。」って思って、歌手名を「王様シティークラブ」、曲名を「バンパイア」と聞き取ってスマホにメモして。で、後で検索したら↑上のPVが出てきて、「あ、Awesomeか。」ってなって。(こんな曖昧なワードでもバッチリ求めてる検索結果が出るGoogle先生、恐るべし。)
で、その時に、この人たちバンドなのか!ってことに気づいて興味を持った訳です。バンドでこのサウンドを作り出すってなかなか珍しいんじゃない?よく分からないけど。でもこういう若手バンドって自分応援したことないし、今から応援してたら売れた時に絶対嬉しいよね。とか思って、そんな経緯でアルバムもちゃんと借りて聴き始めました。
f:id:fuurintakino:20161211161158j:plain
これが凄く良かった。曲の展開とか演奏にキレがある反面、のんびり落ち着くというか。特にこの曲はなんか好きだな~。ボーカルは男性の方と女性の方二人いて、それもなかなか珍しいんだけど、一つ一つの曲の雰囲気を男女で見事に表現を使い分けてて面白いなぁ、と。売れてほしいバンドです。
f:id:fuurintakino:20161211161225j:plain
「神さまお願い 夜をください
輝く太陽と引き換えますから
夜更かしが趣味のシンデレラは
眠らない 眠れないよ」


NICO Touches the Walls「ブキウギルティ」
春頃に聴いたアルバム「勇気も愛もないなんて」がとても良かったので、その中でも一番気に入った、5曲目に収録の「ブキウギルティ」がランクイン。この件に関しては、聴き始めのより新鮮だった時に書いた↓こちらのレビューが一番正確だと思うので、良かったらお読みください...! f:id:fuurintakino:20161211161251j:plain
昼夜逆転じゃん? 目が冴えて
眠れない夜渦巻く変身願望
寄せちゃ返す波かしら
基本はあくまでウェイクアップ
嗚呼 こんな歌にするまでもないようなこと
歌にするくらい 罪深い俺の
断ち切らんない煩悩」



↓以下は、テレビやラジオで聴いて一時期ハマったものの、感想がうまく書けない楽曲群。女王蜂に関してはちゃんと配信されてるものを購入して、ときどき愛聴しております。マッキーは特にCDを借りてもいないんだけど、とても魅力的に思えて、この曲だけはどうしてもベストソングに入れたかった!のです。↓

秦基博「スミレ」

⑮女王蜂「金星」

家入レオ「僕たちの未来」

槇原敬之「理由」


【おまけ】
⑱岡崎体育「Voice Of Heart」
今年最も注目を集めた男性アーティストと言えば、この人でしょうね。岡崎体育さん。3月に、ミュージックビデオあるあるを歌ったミュージックビデオ「MUSIC VIDEO」(↑ややこしや~。┐('~`;)┌) を公開し大きな話題を呼び、6月にメジャーデビューアルバム「BASIN TECHNO」をリリース。流行に疎めな僕でも今回はそれなりに興味を抱いていたので、CDを借りて聴いてみました。
f:id:fuurintakino:20161211161740j:plain
YouTubeにミュージックビデオとして既に公開されてるものが多かったので「映像ありきかな~」なんてのもあったのだけど、その前にどうも曲のクオリティが高いなと思って。こんなふざけたことをやっておきながら スマートにカッコいい曲を作って歌っちゃうあたり、流石だなぁと。そんな中でも初めて聴く曲で気になったのが、「Voice Of Heart」です。この曲はなんと途中で歌詞を忘れてしまい、次第に「歌うこと」よりも「バイトの冷凍食品のこと」だの「鼻の下がヒリヒリすること」だの細かいことを色々気にし始めちゃって心の声が漏れまくる、という衝撃の展開が用意されてる楽曲。凄い面白いな~と思ってしばらく聴いてたのですが、さらにビックリなのは、なんと10月のMステ初出場でこの曲を歌うことになったということで。正直「マジかよ!?」と叫んでしまった。
f:id:fuurintakino:20161211161356j:plain
うん。恐らくほとんどの人がご存じの通り、「歌詞を忘れてしまう」というパフォーマンスをやりきった岡崎体育でございます。素晴らしかった。「いいぞ、もっとやれ。」としか言えない。今後が(いい意味で)心配になる歌手ですね。
f:id:fuurintakino:20161211161412j:plain
「けいいちくん、ゆうこちゃんにもちょっと、望遠鏡 覗かしたって~?
けいいちくん、ゆうこちゃんにもちょっと、望遠鏡 覗かしたって~?
けいいちくん、ゆうこちゃんにもちょっと、望遠鏡 覗かしたって~?.........」
(↑無限エコー...)


ということで、2016年は色々と賑やかな、大変楽しい年でした。

※ほかにもPerfume「Miracle Worker」、aiko「冷凍便」、パスピエ「ヨアケマエ」など好きな曲も沢山ありましたが、一枚の画像に収まるように選びたかったため、割愛させていただきました。

2017年も素敵な音楽にたくさん出会えますように!!
では、この辺で。